« 愛想の悪いショウジョウトンボ | トップページ | 食事中ごめんね »

2009/08/07

大原麗子さんが孤独死

今日は「立秋」。七十二候の「涼風至る」。涼風どころではなく、昼休みおもてに出たら、強い日差しが薄い頭髪を突き抜けてジリジリと頭皮が焼けてしまった。

ようやくヒグラシの写真を撮ることができた。でも、高いところにいるので、コンデジのズームだと、写っているという程度でしかない。

久し振りに32度近くまで気温が上がり、夕方には雷雨。1時間に12.5mmと土砂降り。牽引してもらいに整形外科に行ったときは、ポツポツだったのに、治療中に雷雨になってしまったので、傘を持っていなかったので、濡れてしまった。

近くを雷雲が通ったようで、落雷で、何回も短い停電が発生した。

女優の大原麗子さんが自宅で病死しているのが見つかった。合掌。解剖の結果死後4日経っていたらしい。死ぬのはもちろん一人だけれど、人とのつながりを持たずに暮らしていると、誰にも看取られることなく、死んでも見つけて貰えない孤独死。悲しい。

中国が米国を抜いて世界一の博士号授与国になったらしい。年間5万人の博士が誕生しているらしい。ただ、大学が博士号授与数を競い合っているためで、その中身は粗製濫造らしい。

今、中国の博士号取得者は累計24万人、昔、つくばで「石を投げると博士にあたる」という冗談が流行ったことがあるけれど、中国では「教授は地に満ち、犬の数は博士の数にも及ばない」といわれているらしい。

|

« 愛想の悪いショウジョウトンボ | トップページ | 食事中ごめんね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/45863091

この記事へのトラックバック一覧です: 大原麗子さんが孤独死:

« 愛想の悪いショウジョウトンボ | トップページ | 食事中ごめんね »