« 正直といえば正直なのだろうけれど | トップページ | 太陽光発電の電力1キロワット時当たり48円で買い取り »

2009/08/25

堺屋太一先生も耄碌したのだろうか

090825_1

今日は大陸からの高気圧が張り出して、涼しい一日となった。

貝に似た模様のカイマメを貰った。トラマメとかヒマといった種子に模様がある豆があるけれど、カイマメというのは初めて見た。

今日発売の週刊朝日の堺屋太一のコラム「憂いの熱弁」の『飲酒運転の厳罰化が日本を滅ぼす』が気になったので立ち読みしてきた。「飲酒運転の罰則強化で地 方の飲食店に人が行かなくなって地方経済に打撃となっている」、「日本の飲酒基準の呼気中1リットル中0.15ミリグラムは、諸外国に比べて低すぎる」な どと、罰則強化が原因で地方経済が崩壊して、日本が滅びるという話だ。

だいたい日本人はアルデヒド分解酵素が少ないかない人が諸外国に比べて多いから、日本人に合わせた基準値で問題ないのではないか。

このコラムを読むと、堺屋先生は飲酒運転の基準を変えて、少しくらい酔って運転してもよくすれば、街の飲み屋は繁盛して日本が滅びなくなると考えているようだ。

大体、2006年の法改正の前の呼気中アルコールの基準値は0.25ミリグラムで、0.15ミリグラムに基準が厳しくなってから、死亡事故は大幅に減っている。このことから見ても、罰則の強化は効果があったということだろう。

日本を滅ぼさないために飲み屋を繁盛させなかければいけないのだろうか。飲酒の習慣のないきたきつねには理解できない。堺屋先生はだいぶお疲れのようだ。

今朝の気象庁の緊急地震速報に身構えたが、全く揺れずに狐に摘まれたようだったけれど、結局誤報だった。迷惑な話だ。でも誤報が続くと狼少年のようになるから、問題の検証はきちんとして置いて欲しいものだ

|

« 正直といえば正直なのだろうけれど | トップページ | 太陽光発電の電力1キロワット時当たり48円で買い取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46028764

この記事へのトラックバック一覧です: 堺屋太一先生も耄碌したのだろうか:

« 正直といえば正直なのだろうけれど | トップページ | 太陽光発電の電力1キロワット時当たり48円で買い取り »