« 今日は「二百十日」 | トップページ | ホップの毬花 »

2009/09/01

20世紀少年-最終章-ぼくらの旗

090901_2

今日は映画の日だったので、先週末から始まった「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」を見てきた。

2時間50分の長編なので心配していったけれど、予想通り今回もハズレ。時間が長ければ良いというものではない。エピソードを盛り込みすぎて、ちょっと冗長な場面が多いようなきがした。

エンドロールがでてから10分間に、コミックにない結末がまっていて、友達の謎が明らかになり、こちらはちょっと興味ある。「グータラーラ スーダララー」

日本映画では破格の総額60億円の制作費をかけた割には、という感じもある。

それよりもとなりのおばさんが、風邪を引いているらしく鼻水をすするので、気になってしょうがなかった。このあたりでも、新型インフルエンザがポツリポツリとでているようなので、注意しなければいけない。

TBSラジオの番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で「20世紀少年」の公開直後に観てきた結果を講評をしているのをポッドキャストできくことができるが、きたきつねもほぼ同じ感想だ。

原作との関係については前回の第2章を観てきたときのブログに書いてあるとおりで、そこのところを宇多丸さんも同じ感想を持っていた。

|

« 今日は「二百十日」 | トップページ | ホップの毬花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46094154

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年-最終章-ぼくらの旗:

» 原作よりすっきりするエンディング、20世紀少年最終章 [オヤジの映画の見方]
20世紀少年最終章は、原作ではどうにもすっきりしないエンディングをよりわかりやすく、納得出来る形にして示してくれた。この作品で浦沢直樹は、いじめられた側が大人になってから世界中を巻き込んで復讐をするという、殺伐とした世界を映画作品を通じて表現したかったと思う。... [続きを読む]

受信: 2010/01/28 11:16

« 今日は「二百十日」 | トップページ | ホップの毬花 »