« 空を見上げたら筋状の雲 | トップページ | 記憶の中の平塚へ »

2009/09/19

初秋の里山を歩く

090919_1

今日は旧暦8月朔日、新月。「八朔」は、二百十日、二百二十日と合わせて三大悪日とされ、天候が荒れる日になる。台風14号が太平洋上にあって、今年は大陸の高気圧が強いので、上陸しそうもないけれど、残暑厳しい例年であれば、関東直撃だったかもしれない。

一日北向きの風が吹いて曇り空だったけれど、気温が上がらず快適な一日。

午前中はいつものように里山散歩。里山は、秋の花が咲き、草木に沢山の実が付いている。今年は、ドングリは豊作のようだ。ハイイロチョッキリが大活躍しているようで、例年になく林床には沢山の葉の付いたドングリが沢山落ちている。

キノコが色々なところに顔をだしている。食べられるものもあるかもしれないけれど、素人は見るだけにしておこう。

090919_2

アカガエルがまだ元気に飛び回っている。越冬にはまだ早いのだろう。

090919_3

スズメバチは、巣が大きくなってきているので、冬になる前の最後の追い込みで、エサ探しに一生懸命のようだ。いたるところでスズメバチに出会う。騒がず、静かに見ていれば、通り過ぎていってしまう。

渡りのシーズンに入って少しは鳥が動いているかと思ったけれど、随分静かだ。先週は、アマツバメの群が通っていたけれど、今日はハクセキレイやツバメの姿も見あたらない。

【市町村】 土浦市
【場 所】 宍塚大池と周囲の里山
【年月日】 2009年9月19日(土)
【時 刻】 9:00~11:45
【天 候】 曇
【環 境】 雑木林、池、アシ原、水田、畑
【観察種】
  1. チュウサギ            7. ヒヨドリ             13. スズメ
  2. アオサギ              8. モズ                 14. ムクドリ
  3. マガモ                9. エナガ               15. ハシボソガラス
  4. カルガモ             10. シジュウカラ         16. ハシブトガラス
  5. コジュケイ           11. ホオジロ
  6. キジバト             12. カワラヒワ

|

« 空を見上げたら筋状の雲 | トップページ | 記憶の中の平塚へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46254304

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の里山を歩く:

« 空を見上げたら筋状の雲 | トップページ | 記憶の中の平塚へ »