« 低エネルギー社会へ | トップページ | 長野へ »

2009/10/18

落花生の野ボッチ

091018_1

今日は旧暦9月1日、新月で、七十二候は「蟋蟀戸にあり」。今日は新月で、オリオン座流星群が見やすい条件が整っているけれど、見えるだろうか。

きたきつねの参加しているNPO法人が谷津田で耕作している農家を支援するために、米を市価よりも高く買い上げて希望者に斡旋しているのだけれど、今日はその新米の発送作業の日で、午前中手伝いに行ってきた。

無理しないように、箱のテープ貼りとか宅急便の伝票貼りと軽い仕事をしてきたけれど、日頃体を動かしていないので、結構疲れた。

自宅近くの農家が、落花生を乾燥させるための「野ボッチ」(「ニオ」ともいう)を作っていた。落花生の野ボッチは常総台地の風物誌だ。落花生を天日干しするために、茎についたままの落花生を積み上げて、雨で濡れるのを防ぐように一番上に稲わらを傘のように載せて完成。

鳩山内閣発足から1カ月目の毎日新聞の世論調査結果は、内閣支持率は72%と依然高い支持率を維持している。

|

« 低エネルギー社会へ | トップページ | 長野へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落花生の野ボッチ:

« 低エネルギー社会へ | トップページ | 長野へ »