« 関門海峡で海自護衛艦と韓国コンテナ船が衝突 | トップページ | 星のや軽井沢はエネルギーシステムはすばらしい »

2009/10/28

馬力の意味

091028_2

自動車の動力を表すときに馬力という単位を使うのは、馬を動力源としてつかっていたからで、馬1頭が1馬力ということになる。

荷を引く馬が継続的に荷を引っ張る際の仕事率で、仏馬力と英馬力があって、それぞれ735.49875 Wと745.700 Wとなっている。

写真は、30頭の馬に牽引させてモアー(草刈り機)で、アメリカの牧草収穫の風景なのだ。これを見ていると、まさに30馬力という感じがする。30頭もの馬を操る技術は相当難しかったことだろう。

学生の時に、大学の図書館にもぐり込んで調べ物をしていたときに、明治時代の農機具のカタログがでてきて、そこに先の写真と同じようなものがあって、驚いたことを思い出した。

馬は、2頭ずつ組にして奇数では使わないようだ。だから今も売られているトラクターの馬力は、24馬力とか32馬力と偶数なのかなと思ったこともある。

|

« 関門海峡で海自護衛艦と韓国コンテナ船が衝突 | トップページ | 星のや軽井沢はエネルギーシステムはすばらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46609832

この記事へのトラックバック一覧です: 馬力の意味:

« 関門海峡で海自護衛艦と韓国コンテナ船が衝突 | トップページ | 星のや軽井沢はエネルギーシステムはすばらしい »