« 久し振りの夢の島 | トップページ | NHK世論調査 »

2009/10/12

Wish Flower Concert

091012_9

「夢の島ベアフットフェスティバル」のコンサートの出演者はAisa with OHANA BAND、小室等、ブレッド&バターだったので、観客はきたきつねと同じような世代のオジ、オバが半分以上だった。その他、フラワーアレンジメントののパフォーマンスは日比谷花壇デザイナーの渡邉昭彦さん 途中、庄野真代さんを交えてのトークショーで、歌は少なめで、ちょっと不満かな。

席は全席指定だったけれど、空席が目立つていた。中秋の夜に屋外ということで、 冷え込んでいて、ホカロンが欲しかった。隣にいた老夫婦は、寒さにめげて途中で帰ってしまった。

小室さんは、『雨が空から降れば』、『鉄腕アトム』など三曲歌ってくれた。鉄腕アトムといえば、昨日映画の「ATOM」を見てきたばかりで、最後のタイトルロールで「鉄腕アトム」の主題歌がかかっていたから、ビックリした。『鉄腕アトム』は、谷川俊太郎さんの詞だと知っている人は少ないだろう。

谷川俊太郎さんの詩「百三歳になったアトム」の朗読から『鉄腕アトム』を歌い出すという趣向で、なかなか面白かった。

岩沢幸矢と岩沢二弓の兄弟デュオのブレッド&バターも随分頑張っていて、四曲歌い、最後の『ピンクシャドウ』はよかった。といってもこのフェスティバルを主催しているNPO法人ベアフット協会の会長が岩沢幸矢さんだから頑張るのはあたりまえか。

Aisaは岩沢幸矢さんの娘で、家内興行ということになる。

フィナーレは、出演者全員で『旅立ちの歌』。ところが、小室さんがキーを間違えてしまい、途中で止めて、最初からやり直し。ギターのカポタストの位置が3フレットも高くなっていて、昔のキーを使ってしまって、声が出ないことに気がついたようだ。

それでも、ソロになった時に、庄野真代さんはその高いキーで軽々と歌っていたのは驚いた。

寒いので、コンサート終了したとたん皆さん急いで帰り始めた。きたきつねたちも大急ぎで新木場の駅に。グッドタイミングで武蔵野線の快速に間に合った。電車を待っていると小室さんがマネージャーと一緒にホームに上がってきて、東京行きの電車に乗って帰って行った。

|

« 久し振りの夢の島 | トップページ | NHK世論調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46471437

この記事へのトラックバック一覧です: Wish Flower Concert:

« 久し振りの夢の島 | トップページ | NHK世論調査 »