« JBF2009での収穫物「きびだんご」 | トップページ | キャベツの最盛期 »

2009/11/08

JBF2009での収穫物「オオバンのキャップ」

091107_12

ジャパンバードフェスティバルの会場になっている「我孫子市鳥の博物館」は、入館料無料で賑わっていた。

鳥の博物館は、日本唯一の鳥専門の博物館で、小さいけれどアクティブに活動している。友の会もあって、博物館をサポートしている。

2階のミュージアムショップには、鳥博のオリジナルグッヅもあって、きたきつねがプロデュースしたきたきつね工房の日本産フクロウPINS10種類も売ってもらっている。

ショップの隣の部屋で、友の会が鳥のキャップを作るイベントを開催していた。

聞いてみると残り2名ということで、オオバンのキャップを作らせて貰った。アイデアマンの友の会のKさんが用意したということで、ダイソーの黒いキャップとフェルトセットを使って、一つ210円と他のイベントでも活用できそうだ。

オオバンは我孫子市のマスコットだから、宣伝のために完成したキャップを被って会場を巡ることにした。

|

« JBF2009での収穫物「きびだんご」 | トップページ | キャベツの最盛期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46713799

この記事へのトラックバック一覧です: JBF2009での収穫物「オオバンのキャップ」:

« JBF2009での収穫物「きびだんご」 | トップページ | キャベツの最盛期 »