« 木質バイオマスの混焼発電が始まるようだ | トップページ | 行きはよいよい帰りは・・・・・ »

2009/11/13

広島の備北へ

091113_1

今日は「茨城県民の日」

頼まれて、広島県のチベット(?)といわれる備北の庄原市にでかけた。

羽田空港からANAのB767-300で広島空港へ。羽田空港は、オバマ大統領訪日のために、警備が厳重で、警察官の姿が目立った。

広島空港は初めて利用するけれど、早割だとリムジンバス代を別にすればJRののぞみとあまり変わらない。JRで来ようと思って調べてみたら、昼過ぎにJR芸備線の備後庄原には着くことができないことが判って、あわてて飛行機にした。空港からは車で迎えに来て貰った。

空港から三次や庄原などへのリムジンバスの便はなく、広島市まででなければいけないというのは非常に不便だ。

広島空港は、随分山の中で、アクセスも悪いようだけれど数少ない黒字の空港らしい。

途中は茨城県の県北の山間部を走っている感じで、紅葉が始まり、秋の気配が濃厚だった。

091113_2

用事を済ませて、宿泊予定の「かんぽの郷庄原」へ。非常に立派な施設でびっくり。これが噂のかんぽの宿のひとつらしい。でもこの「かんぽの郷庄原」は、利用率が全国のトップ5に入るくらい繁盛しているということだ。

利用者は、なれない老人が多いようで、チェックインに時間がかかっていた。でもスタッフは丁寧に対応していた。きたきつねも、明日の交通について質問したけれど、的確な対応だった。

いくら施設がよくても、運営が良くなければ人は来ないし、ましてやリピーターはこないだろう。

シングルの部屋は、なかなか綺麗に維持されていた。ベットはセミダブル。浴室は、温泉と水道水を使ったジャグジーなどがあって、くつろぐことができた。

ちょっと不便なのは、広い施設にドリンクの自販機が一ヶ所しかないこととだった。施設が広いので、部屋によっては随分歩かなければいけない。

インターネットは使えなかったけれど、ビジネスホテルではなく、休息のためにはインターネットなどは使えない方がいいのかもしれない。

|

« 木質バイオマスの混焼発電が始まるようだ | トップページ | 行きはよいよい帰りは・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46764512

この記事へのトラックバック一覧です: 広島の備北へ:

« 木質バイオマスの混焼発電が始まるようだ | トップページ | 行きはよいよい帰りは・・・・・ »