« 広島の下水道のマンホールの蓋 | トップページ | やはり旅は疲れる »

2009/11/19

広島つけ麺本舗 ばくだん屋

091119_6

昼食は広島駅新幹線口名店街の「広島つけ麺本舗 ばくだん屋」で、つけ麺(小)とばくだんむすびのセットを食べてみた。

広島のお好み焼きは、有名だけれど「つけ麺」もあったというのは知らなかった。広島の麺といえば「尾道ラーメン」だけだと思っていたのは、軌道修正が必要だった。

麺の上に茹でキャベツ、キュウリ、たっぷりのネギ、チャーシューが載っていて、辛みのある醤油の和風だれが付いてきた。辛みは2倍を指定。20倍とかあるらしいけれど、人間の食べるものではないと思う。

ばくだんにぎりは、韓国のりとごま油が特徴のようだ。

早速麺を食べてみると、よく冷えた腰のあるつるつるの麺で、のどごしも良く、たれとよく絡んで旨い。冷やし中華のつけ麺という感じ。

細切りの大量のネギがなんともいい感じで、これも風味を増している。キャベツを茹でているところは、非常に食べやすい。

「ばくだん屋」は、フランチャイズで全国展開しているらしく、東京にも六本木、赤坂、西新宿にあるようだ。きたきつねの出現エリアではない。

|

« 広島の下水道のマンホールの蓋 | トップページ | やはり旅は疲れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/46806689

この記事へのトラックバック一覧です: 広島つけ麺本舗 ばくだん屋:

« 広島の下水道のマンホールの蓋 | トップページ | やはり旅は疲れる »