« COP15は混迷が深まる | トップページ | 早朝の強い地震 »

2009/12/17

何度も痛い目に遭う人

同じことをしているのに、失敗を繰り返したり、騙されたりするひとがいるけれど、性格的な問題だと持っていたが、どうもこれが脳内物質が足りないのではないかとという研究結果が発表された。

大阪大社会経済研究所の研究グループが、「何度も痛い目に遭う人は、脳内の神経伝達物質「セロトニン」が不足している」という論文を米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」電子版に発表したという。

成功体験などをするとセレトニンが脳内にでて快感を感じるというというけれど、不足すると失敗してしまうということだろうか。

ということは、セレトニンの原料となるトリプトファンを多く摂取するといいということになる。

|

« COP15は混迷が深まる | トップページ | 早朝の強い地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47047753

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も痛い目に遭う人:

« COP15は混迷が深まる | トップページ | 早朝の強い地震 »