« 万作の花ほころぶ | トップページ | 輪郭のボケた霜柱 »

2010/01/24

映画「サロゲート」

100124_2体調は悪いけれど、動かなければいいかということで、金曜日に封切られたブルースウイルスの「サロゲート」を昼過ぎに見に行ってきた。

予告編のイメージとはちょっと違った印象。

ウイルスミスが主演した「アイ・ロボット」と現在ヒット中の「アバター」を組み合わせたSFということになるのではないだろうか。

サロゲートはロボットなのだけれど、「アイ・ロボット」のように人工知能を持つ自立型のロボットではなく、「アバター」のように人が遠隔操作する身代わりロボットという設定だ。

人は、自分の好みの若さと容姿のサロゲートを使って、疑似体験の世界で暮らすことになり、街には生身の人はいないという不思議な世界になっている。

兵士も全てサロゲートになっており、ロボットを使ったテレビゲームのような戦争が進んでいる。どのような激しい戦闘でも、サロゲートが壊れるだけで、人は死ぬことがない。

あまりにバーチャルになりすぎた社会を破壊しようとする、サロゲートを発明したキャンター博士とサロゲートを破壊事件を追う刑事の対決がクライマックスになる。

サロゲートは、現実に作って運用しようとすると、とんでもないエネルギーと資源が必要になるから、大変だろうなと思いながら見ていた。

私達が迎える未来の社会は、サロゲートやアイ・ロボット、鉄腕アトムやドラえもんのようなエネルギーや資源使い放題できるようにはならないだろう。その前に、人が生きることにできない環境になってしまう。

そうか、「サロゲート」は、人が生きることができないから、生身の人は消えロボットが暮らす社会になるという予言なのだった。

|

« 万作の花ほころぶ | トップページ | 輪郭のボケた霜柱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47381818

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サロゲート」:

» サロゲート、SFとしては面白いがイマイチ [オヤジの映画の見方]
代用肉体サロゲートがほとんどの日常生活をこなす世界。アイデアは面白いが、突っ込み不足で、アクション・サスペンスと中途半端な人間回帰が混ざってイマイチだった。サロゲートのアイデアは攻殻機動隊の方が先を行っている。... [続きを読む]

受信: 2010/01/27 15:12

» 「サロゲート」代行ロボットが何でもしてくれる世の中 [soramove]
「サロゲート」★★★ ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク主演 ジョナサン・モストウ 監督、89分 、 2010年1月22日 公開、2009年、アメリカ (原題:SURROGATES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 髪がふさふさのブルース・ウィリスの頭が気になって仕方ない。 「ロボットがすべての社会生活を代行してくれる 未来社会を舞台にしたSF・アクション... [続きを読む]

受信: 2010/02/18 20:10

« 万作の花ほころぶ | トップページ | 輪郭のボケた霜柱 »