« 二十四節気の「立春」 | トップページ | 強風の里山散歩 »

2010/02/05

一日一生

100205_1

今朝も氷点下-5度。北極振動で北極から寒気が流れ込み、北海道は冷え込み、北陸は大雪。

それでも着実に春が近づいてきている。

今日発売のビックコミックオリジナル2月20日号のジョージ秋山の「浮浪雲」に「一日一生」という言葉が出てきた。ジョージ秋山の漫画は、どんどん宗教的というか、人の行き方、生き様をクローズアップしてきているようだ。

「一日一生」というのは、一日を一生と思って生きるということで、一日生涯ともいえるのだろう。

年齢を重ね、どんどん手本となる行き方が無くなって、老いと言うことを自分で考えながら未知の世界を進まなければいけなくなった。だから「一日一生」という言葉は非常にインパクトを感じた。

「一日一生」というのは、きたきつねのイメージとしては、次の日に目が覚めないかもしれないから、自分の身の丈に合わせて一日一日きちんと生きることかなと解釈した。

それにしても随分長く生きることができたものだ。若い頃は、漠然と無限に生きることができるように錯覚していて、さらに自分だけは死なない気分でいたような気がしていたと思う。

でも、生老病死は人の運命で、年老いてきてようやく、夜寝るときに、明日の朝目が覚めないことがあってもおかしくないということが、実感として判るようになってきた。実に気がつくのが遅いと反省している。

それでも気がついただけでもいいかと思いながら、「一日一生」を頑張ってみよう。

|

« 二十四節気の「立春」 | トップページ | 強風の里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47495438

この記事へのトラックバック一覧です: 一日一生:

« 二十四節気の「立春」 | トップページ | 強風の里山散歩 »