« アンパルと石垣やいま村 | トップページ | 石垣の夜は・・・・・ »

2010/02/27

バンナ公園へ

100226_7

鳥を探してバンナ公園に向かった。公園の一画に石碑があったので、近くにいってみた。

八重山戦争マラリア犠牲者追悼・慰霊碑」とあって、第二次世界大戦の時に、軍が西表島などのマラリア汚染地域に島民を強制疎開させたために、マラリアで3000人以上がなくなったという悲しい歴史が刻まれている。

軍は持久戦に備え、キニーネを住民に与えるのを拒否したと言われている。

八重山諸島では、沖縄本島と違い地上戦での死者は少ないのに、マラリアで多くの人びとが亡くなっているのは、日本軍の暴挙といえるだろう。

以前黒島とマラリアのことを書いたことを思い出した。

100226_8

バンナ公園の展望台に上がって島の中を見ると、ちょうど最盛期を迎えているさとうきびの収穫でフル稼働の製糖工場が見えた。煙突から白いけむりが盛んにあがっていた。24時間連続で砂糖を作っている。

島の道路を走っていると、きびを満載したトラックと頻繁にすれ違う。

100226_9

石垣島には、沖縄では珍しい水田が沢山ある。ちょうど田植えの時期で、水面が光っていた。

北海道の米の品種改良は、石垣島で栽培することで、一年に2回収穫できるので、品種改良を普通よりも短期間で進めることができるということだ。

普通はシギ・チドリが沢山いるのだけれど、農作業で人が入っているので、あまり鳥を見ることができなかった。

もう、根性無しのバードウォッチャーだから、すぐにめげてしまった。

|

« アンパルと石垣やいま村 | トップページ | 石垣の夜は・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47708957

この記事へのトラックバック一覧です: バンナ公園へ:

« アンパルと石垣やいま村 | トップページ | 石垣の夜は・・・・・ »