« 天気は下り坂 | トップページ | 映画「Dr.パルナサスの鏡」 »

2010/02/11

見ていないということ

100211_1

今日は「建国記念の日」で休日。昭和23年までは「紀元節」。

数日前の暖かさがウソのように、最高気温が5度までしか上がらなかった。夕方から雨になった。雪にならなければいいけれど。

毎日散歩しているコースのムラサキシキブの木の中に鳥の巣があった。今日まで気がつかなかった。見えないのではなく、あるはずがないと思って見ていないということだ。

|

« 天気は下り坂 | トップページ | 映画「Dr.パルナサスの鏡」 »

コメント

雪祭り終わりました。61回ですから、僕の産まれた年に始まったんですねー。
皇紀2670年、義父の紀元節の歌を聴きながら、碁の相手をしてきました。
もう少し暖かくなったら歩くスキーでバードウォッチングです。

投稿: ビン | 2010/02/12 06:56

ビンさん

雪祭りは61回ですか。

雪祭りが始まった頃の札幌の人口は35万位だったはずで、雪だるまのような雪像だったのではなかったでしょうか。

こちらも雪が降りましたが、雪だるまを作るのは無理でした。

投稿: きたきつね | 2010/02/15 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47543314

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていないということ:

« 天気は下り坂 | トップページ | 映画「Dr.パルナサスの鏡」 »