« 今日のランチはインドカレー | トップページ | 東京大学総合博物館で骨を見る »

2010/03/09

コーヒーを飲むと脳卒中になり難い?

先月アメリカのサン・アントニオで開催された国際脳卒中学会で、「中高年の男女におけるコーヒーの摂取は、既知の脳卒中危険因子や生活習慣とは独立して、脳卒中のリスクを約30%も低下させる」という英ケンブリッジ大学のYanmei Li氏の研究の発表があったということだ。

コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて脳卒中を発症するリスクが29%も低いことが2万人規模のコホート研究によって示された。コーヒー嗜好以外の生活習慣や年齢・性別などの影響は認められず、コーヒー自体になんらかの好ましい作用がある可能性があるという。

摂取量別の解析では、HRはコーヒーを1日2杯、もしくは3~4杯程度飲む人で低く、1日1杯だけ飲む人や5杯以上飲む人では若干高くなる「Uカーブ」が 認められた。また、コーヒー摂取者におけるHRの低下は、レギュラーあるいはインスタント、カフェイン入りあるいはカフェイン抜きの別にかかわらず認めら れた。

疫学的な調査だけれど、きたきつねように毎日コーヒーを3~4杯飲む人には朗報だ。何でもリスクが低い方が良いに決っている。

|

« 今日のランチはインドカレー | トップページ | 東京大学総合博物館で骨を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47768605

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーを飲むと脳卒中になり難い?:

« 今日のランチはインドカレー | トップページ | 東京大学総合博物館で骨を見る »