« ヒヨドリのごちそう | トップページ | 二十四節気の「穀雨」 »

2010/04/19

映画「アリス・イン。ワンダーランド」

100419_1

土曜の17日に公開された「アリス・イン。ワンダーランド」を見に行ってきた。

3Dは避けたかったけれど、字幕版が3Dしかないので、仕方なく3D版を観たけれど、やはり視野が暗くなって非常に目が疲れた。

「不思議の国のアリス」や「鏡の国のアリス」の後日譚という設定で、ティム・バートンワールドに連れ込まれてしまった。

ストーリーは、単純だけれど、ジョニー・デップのマッド・ハッターを初めビジュアルがユニークで、登場人物も奇妙奇天烈な感じが良く出ていて、観ていて楽しい映画になっている。

期待していた通りの映画で非常に満足した。

ただ、内容的には子供向けではなく、19歳のアリスの自立の物語で、大人になりかけの若もの向けの感じがした。

3D映像は、迫力があるけれど、ところどころ作り物感が強いところがあって、無理に3Dにする必要はないような気がする。

|

« ヒヨドリのごちそう | トップページ | 二十四節気の「穀雨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/48131616

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アリス・イン。ワンダーランド」:

» 映画「アリス・イン・ワンダーランド」甘くないワンダーランドにアリスが再び転がり落ちた [soramove]
「アリス・イン・ワンダーランド」★★★★ ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ主演 ティム・バートン 監督、109分、 2010年4月17日公開、2009,アメリカ,ディズニー (原題:Alice in Wonderland )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 『不思議の国のアリス』の続編をティム・バートンが こんな楽しい映画にした。... [続きを読む]

受信: 2010/04/28 19:33

« ヒヨドリのごちそう | トップページ | 二十四節気の「穀雨」 »