« 茨城県立自然博物館の企画展「空の旅人」 | トップページ | 「花と昆虫」の観察会 »

2010/04/03

県立自然博物館と菅生沼

100403_9

県立自然博物館の他の展示を少し見ることにした。茨城県の川の上流から海までを再現した水槽では、渓流のヤマメやイワナから始まって、霞ヶ浦のハクレン、ブラックバスなど、汽水のコイ、スズキなど、海水のタイ、アジなどが展示されていた。

コバンザメが水槽のガラスに張り付いていた。珍しいので写真を撮ってみた。

100403_10

ガラスに張り付いたコバンザメを横から見ても奇妙な感じがする。

菅生沼の対岸のあすなろの里が無料公開されているということで、桜を見に橋を渡って行ってみた。

やはり桜は三分咲きだった。

100403_11

菅生沼の泥の上にいろいろな足跡が付いていた。菅生沼にはヌートリアがいるけれど、尾の跡がないので、タヌキだろう。

100403_12

こちらは足跡が一本のラインになっているので、キツネのようだ。

100403_13

小さな足跡でこれも尻尾の跡が見えないので、イタチだろうか。

100403_14

ダイサギかアオサギの足跡と、カモの足跡。

100403_15

ハクチョウとカモの足跡。ハクチョウはコハクチョウだろうか。カモはマガモでは?

|

« 茨城県立自然博物館の企画展「空の旅人」 | トップページ | 「花と昆虫」の観察会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/47998444

この記事へのトラックバック一覧です: 県立自然博物館と菅生沼:

« 茨城県立自然博物館の企画展「空の旅人」 | トップページ | 「花と昆虫」の観察会 »