« 富弘美術館 | トップページ | 黒保根歴史民族資料館 »

2010/04/18

神戸と書いて「ごうど」でそばを食う

100418_5

昼食は国道122号線沿いの神戸にあるそばとうどんの店で、天もりそばを食べた。神戸と書いて「ごうど」と読む。

群馬といえばうどんというチョイスもあったけれど、うどんはGI値が高いので、というのは嘘でそばが好きというだけで、そばということ。

本当は寒かったので温かいうどんかそばというのが普通だけれど、そばの味がわかるので、初めての店は冷たいそばにしている。

涙がでるほど旨いわけでもなく、普通。そばの量はたっぷりあって、そば汁と麺の量のバランスが悪いくらいだ。そば湯を飲むときに、もう少し汁が残っていて欲しかった。

天ぷらは、ヨモギと野菜のかき上げの2種類。

100418_6

もうひとつ群馬といえば、コンニャクだから、みそおでんを一皿。これも普通。

100418_7

100418_8

玉木屋のとなりの太郎神社に無病息災を祈ってきた。

|

« 富弘美術館 | トップページ | 黒保根歴史民族資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/48122620

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸と書いて「ごうど」でそばを食う:

« 富弘美術館 | トップページ | 黒保根歴史民族資料館 »