« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑

本は雑誌をのぞいてほとんどAmazonなので、久し振りに書店の文庫売り場を見ていたら、新潮文庫のコーナーで久保田修さんの「ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑」を見つけた。

トゥィッチャーと呼ばれる珍鳥マニアの見るような鳥は載っていないけれど、日本国内で比較的容易に見ることのできる287種の野鳥のフィールドガイドだ。文庫版なので、非常にコンパクトで、散歩の時にポケットに入れておいても邪魔にならない。

この本の特徴は、287種の野鳥が精密なイラストで描かれているところと、生息場所、季節などがわかりやすく表示されているところだ。

続きを読む "ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党に期待して投票した一人として

100531_1

今日は七十二候の「麦秋至る」。「郵政省設置記念日」、「世界禁煙デー」。

民主党に期待して投票した一人として、ここまで来ると反省しなければいけなくなった。

鳩山総理がこれほど何も考えずに、口からでまかせをいっているなどとは思わなかったし、民主党の経済政策は選挙対策、朝鮮半島がきな臭いのに防衛政策は不明と数ヶ月先が見えなくなっている。

続きを読む "民主党に期待して投票した一人として"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

昨日公開の「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」をイイアスつくばのMOVIXで見てきた。監督は、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズの錦織良成監督、主役の筒井肇を中井貴一、母親の絹代を奈良岡朋子、妻の由紀子が高島礼子、娘の倖を本仮屋ユイカ。

島根から東京に出て猛烈エリートサラリーマンになった男が、母親の病気と友人の死を契機に、将来を保証された仕事を辞めて、49歳にして一念発起して子供の頃からの夢だった地方電鉄の運転手になるという話。

リストラを断行する仕事中毒のサラリーマンが、田舎に帰り電車の運転手になって、日々の仕事をしていく中で、だんだんと優しい顔になってくる主演の中井貴一の演技がすばらしい。

続きを読む "映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チェロ・ミニ・コンサート

100530_3

イーアスつくばのMOVIXで映画を見た帰りヤマハミュージックスクエアの前を通ったら、チェロ・ミニ・コンサートが始まっていたので、寄ってみた。

演奏は、音楽教室の講師大島ゆかりさん。まだ23歳で、チェロ歴は8年ということだ。

ジョプリン「エンターティナー」、バッハ「無伴奏チェロ組曲」など計6曲を演奏。

セロ弾きのゴーシュを越えるように、頑張りましょう。

講師の顔見せで、受講者を募集しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうせ・・・・

100530_2

出かけようとして、声をかけたら、姿勢を変えて「どうせ連れて行ってくれないんでしょう」という顔をしてこちらを見ている。

車に乗るのが大好きで、ワイヤーを外して、車のハッチバックを開けると、自分から乗ってきてしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

社民党連立離脱

100530_1_2

今日は「文化財保護法公布記念日」、「消費者の日」、「ゴミゼロの日」。

昨日に続いて4月初旬の気温が続いている。散歩していても寒い。

首の調子が悪く、右手がしびれていて辛い。

福島消費者・少子化担当相の罷免を受けて、社民党は全国幹事長会議と常任幹事会で連立政権から離脱することを決めた。辻元副国土交通相も週明けに辞表を提出するらしい。

続きを読む "社民党連立離脱"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/05/29

サシバのお出迎え

100529_1

今日は最高気温が15度台で、4月の桜の咲く頃の気温で、肌寒かった。

定例の土曜日の里山散歩。谷津でサシバが2羽、鳴き交わしながら出迎えてくれた。ホトトギスが鳴いて、木々は緑を増しているのに、冷夏になるのだろうか。

続きを読む "サシバのお出迎え"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/28

上司との付き合いかた

100528_2

きたきつねは、昔から上司に無条件で尻尾を振らないから、だいたい生意気だとか威張っているというような言い方をされ、嫌われる。だいたい上司の顔色をうかがい、媚びへつらってポストを得たのに、自分の実力で偉くなったと勘違いしているやつほど威張りたがって、言うことを聞けというものだ。

就職してからこれまで、自分から子分になりたいと思った上司は数名で、この人達の言うことは無条件で聞くことになる。それ以外の上司は、業務以外では付き合うことも無し、理不尽な指示は無視することにしている。

続きを読む "上司との付き合いかた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPadが売り出し

100528_1

今日は旧暦4月15日で満月。曇りで月は見えない。

昼の散歩の時に、シロクローバーの花にニッポンヒゲナガバチ(たぶん)が蜜を吸いにきていた。吻が長いので、クロバーの様に筒状の花の蜜が吸えるのだろう。

久し振りに金曜日の夜の戦いが無かったので、ゆっくりしている。

今朝8時からiPadが売り出された。きたきつねは、並ぶ元気もないし、様子を見てからということにしようと思う。

鳩山由紀夫首相は、普天間飛行場移転問題で政府対処方針への署名を拒否した福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/27

食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない

4月末に サイエンスライターの松永和紀さんの最新刊『食の安全と環境?「気分のエコ」にはだまされない』が日本評論社から発行された。

松永さんは、これまでも食の安全について、バックグラウンドの農芸化学をベースに、綿密な取材で『「食品報道」のウソを見破る-食卓の安全学』、『踊る「食の安全」-農業から見る日本の食卓』、『メディア・バイアス-あやしい健康情報とニセ科学』などの本を書かれている。

今回も、食の安全と安心は違うという、基本的な考え方をベースに、地産地消、農薬、化学肥料、食品廃棄、食料生産とエネルギー、有機農業、遺伝子組み換えなど非常に多くの話題を、事実とこれまでの科学的知見で分析していて、これがなかなか鋭い。

続きを読む "食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不順な一日

100527_1

今日は「日本海海戦の日」。

雨が降ったり止んだり、突発的に強い雨が降ったりと不順な一日。

明日のiPad発売を前に、予約しているのにアップルストアの前に並んでいる人がいる。テレビに映りたいということだろう。

米軍普天間飛行場移設問題を話題にした全国知事会が開かれたけれど、知事からは政府の対応を批判する発言が多かったようだ。欠席も多く、石原都知事はバカバカしいと途中退席している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/26

映画「グリ-ンゾーン」

予告編を見て気になっていた「GREEN ZONE」を近くのシネマコンプレックスに見に行ってきた。

ブッシュが大量破壊兵器があるということでイラク戦争を開始したのだけれど、結局大量破壊兵器は見つからず、内戦状態で混乱が続いている現状の背景が見えてくる映画だ。

「GREEN ZONE」というのは、バクダッドの中心部の安全地帯のことで、外は危険地帯の「RED ZONE」だ。

続きを読む "映画「グリ-ンゾーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間ほど低温が続く

100526_1

今日は七十二候の「紅花栄う」。

深夜に最高気温がでて、夜に向けてどんどん気温が下がっている。午前0時に最低気温がでることになりそうだ。これから一週間ほど低温が続くらしい。

緊急対応ということで、民主、自民、公明3党が合意して、宮崎県で感染が拡大している家畜伝染病の口蹄疫に対応するための特別措置法案が衆院の農林水委員会を通過した。衆院本会議、参院本会議を通過すれば今週中にも施行できるようになる。

続きを読む "一週間ほど低温が続く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

とりぱん 9

盛岡市在住の漫画家とりのなん子さんが週刊モーニングに連載中のバードウォッチング4コマ漫画「とりぱん」の最新刊 「とりぱん(9) 」がでたと、こぎつねからメールがきた。

「とりぱん」は年2回の発売なのでいつもこの時期なのだけれど、チェックを忘れていた。

急いでAmazonでワンクリックして、今朝届いた。

ちょうど半年遅れの冬の話題で、バードテーブルにくるツグミ、ヒヨドリ、オナガ、シメ、アオゲラなどや、池のカモ達の楽しい生態が描かれている。

普通の生活の中での、自然とのふれあいというのが良いのだろうか。いつも、作者のなかなか面白い視点の4コマを楽しく読んでいる。

続きを読む "とりぱん 9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いフロッピーディスク

100525_2

身辺整理をしているわけではないが、古い資料を廃棄をしている。今日は、段ボール箱4箱分を処分した。内容は印刷物になっているので、原図や原稿の下書きなどなので、記念品的な価値しかなかったのだけれど、今まで捨てることができなかったということだ。

箱の中から、昔使っていた米国のタンディ・ラジオシャックのTRS-80というマイクロコンピューター
で使っていた、フロッピーディスクが出てきた。

TRS-80は一応DOSが走るもので、フロッピードライブは5.25inchの1Sで82kBというもので、今ではとても考えられないような容量だった。フロッピーディスク1枚1500円くらいだったはずだ。

続きを読む "古いフロッピーディスク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本海庄や」の過労死訴訟

100525_1

今日は、「広辞苑初版発行の日」、「納本制度の日」。

またまた気温が27度まで上昇して夏日。午後から強い南風が吹いた。大気が不安定なので、明日にかけて、地域によっては竜巻の可能性もあるようだ。

東証の日経平均が9500円を割った。ギリシャの債務超過の問題が大きく波及しているようだ。民主党政権の経済対策や国防政策の影響も無視できないのではないか。

続きを読む "「日本海庄や」の過労死訴訟"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

映画「孤高のメス」

100524_2

つくばのシネプレックスの試写会で6月5日公開予定の「孤高のメス」を見てきた。

地域医療に力を入れている外科医当麻鉄彦(堤真一)が、赴任してきたさざなみ市民病院で一人でも多くの患者を救うため治療を進める姿を、看護婦の中村浪子(夏川結衣)の目を通して語られてゆく。

20年くらい経過して、中村浪子の葬儀の火葬場から映画が始まるのだけれど、一人息子が医者になっていて、彼が遺品の中の日記を読み、その回想の中でドラマが進行する形になっている。

当麻医師の医療の姿勢や、当時法律で許されなかった脳死肝移植を強行するに至った経緯などを知っていく。

ドキュメンタリーではないから、虚構を本物らしく見せなければならないけれど、全体として無理が無く、きちんとつじつまがあっていて、破綻がないので、ドラマに引き込まれた。

手術の場面も、映像処理に無駄がない。

続きを読む "映画「孤高のメス」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

遺伝子組み換えパパイア輸入か

100524_1

今日は朝から雨。強くなったりやんだり、油断できなかった。

珍しく月曜日にパートが入った。

内閣府の消費者委員会は24日、遺伝子組み換え表示のルールをパパイアにも適用することを決めたらしい。夏にも生食用のパパイアが輸入される見通しだ。

続きを読む "遺伝子組み換えパパイア輸入か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

セッカとオオヨシキリばかり

100523_2

予定通りに浮島に到着したが、曇りで今にも雨が降りそうな空模様。

早速、鳥を探したが、セッカとオオヨシキリばかりが鳴くばかりだった。

ようやくコジュリンが現われたが、結局オオセッカは出現しなかった。 栃木県の足利市からバスで団体が来ていたが、大ハズレというところだろう。

続きを読む "セッカとオオヨシキリばかり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火事に出会う

100523_1

今朝、ボルネオから来た人に浮島でオオセッカとコジュリンを見せたいということで、早朝浮島に向かった。カーナビで近道を選択して、旧道を走っていたところ、前方に煙が勢いよく上がっていた。火事と直ぐ判った。

直進すると、強い炎を上げて家が燃えていた。 消防車が来ていて、消火作業をしていたが、火の廻りが早いようだった。

通行止めを覚悟していたが、警察が交通整理をしていて、火事の現場を通過できた。

続きを読む "火事に出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

無宗教のお葬式

100522_7

向いの家の奥さんが、4月末に脳梗塞で倒れて、入院していたけれど、昨日亡くなった。62歳と平均寿命からいえば随分早い。

明るい気さくな奥さんだったので、今晩、お通夜に行ってきた。

無宗教の送る会ということで、一応お焼香があって、親族のお焼香のあと、親族が一人一人故人の思い出を話す中で、一般のお焼香があった。

故人の為人が判っていい趣向だと思った。

みたきつねは不死身ではないので、葬式のことを考えておかなければいけないのだろう。

きたきつねは、もうすぐ父親の亡くなった年月に到達する、それが一つの関門で、次が母親の亡くなった年月、これを越えると、祖父母、曾祖父は長命だったので、未知の領域への突入ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山も夏日

100522_1

今日は朝から薄曇りだったけれど、気温が上がり26度を越えて夏日。三日連続。

例によって今週も里山散歩。気温が上がって昆虫たちは動きが活発になっている。

新緑の中にいると気持ちが良い。谷津の向こうにホトトギスの鳴き声が聞こえた。今年も戻ってきた。

オドリコソウにマルハナバチが蜜を吸いにきていた。頭に花粉がついて黄色くなっている。

続きを読む "里山も夏日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セイヨウミツバチ発見

100521_3

きたきつねの朝の散歩コースで、セイヨウミツバチが見えなくなっている。

天気が良くなったので、パートの昼休みに散歩をしていた時に、シロクローバーにセイヨウミツバチがきていた。

やはりコンパクトデジカメは、動く被写体には向かないようだ。高速連射モードを使えばいいのかも知れないが、連射モードの時にはAFが使えないので、ピンぼけ写真を量産して、沢山のショットから良いショットを探すのは大変だ。

続きを読む "セイヨウミツバチ発見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卯の花が咲いてホトトギス待ち

100521_2

朝の散歩コースの植え込みにあるタニウツギの花が咲き始めたけれど、ホトトギスの声が聞かれない。

きたきつねの住んでいる辺りにはウグイスが沢山いるので、毎年ホトトギスが帰ってきている。もうすぐ帰ってくるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

茨城のこどもの愛するお菓子「ハートチップル」

100521_0

今日は二十四節気の「小満」、七十二候の「蚕起きて桑を食う」。

朝から気温が上がり、30度を越えて真夏日になった。

パート先の職員と茨城産の駄菓子の「うまい棒」の話をしていて、株式会社やおきんが発売元だけれど、製造は常総市のリスカ株式会社で、工場に巨大な「うまい棒」の看板が立っているなどと、マニアックな話題になった。

リスカ株式会社の話から、「ハートチップル」はニンニクの味が効いていてうまいという話題になった。

続きを読む "茨城のこどもの愛するお菓子「ハートチップル」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/20

公益法人の仕分けが始まった

100520_1

今日は「東京国際空港開港記念日」、「東京港開港記念日」。

朝から雨。

公益法人の仕分けが始まった。色々な問題がでてきているが、時間をかけて沢山の天下り先を作り出したものだ。

続きを読む "公益法人の仕分けが始まった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

ミツバチがいない

100519_2

毎日、朝の散歩コースの花に虫がとまっていないか見ながら歩いている。

今年も色々な花が咲いているのだけれど、一つ気になっているのがミツバチがいないことだ。

去年は、菜の花やケシの花の前を通るとミツバチのブーンという羽音が聞こえていて、写真を撮っていたけれど、今年は全くミツバチの気配がない。

続きを読む "ミツバチがいない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口蹄疫に非常事態宣言

100519_1

南からの湿った空気が吹き込んで、午後遅くから雨になった。

宮崎県の口蹄疫は、東国原知事が非常事態宣言を出すほど深刻になってきた。県の家畜衛生関係での初動のミスも明確になってきて、現場の危機管理に汚点を残した。

そんなことは言っていられない状況で、国は半径10km圏内の牛と豚の全頭殺処分を決定した。対象は20万頭になる。殺処分を経験したことのない獣医も多いし、人手、埋設場所の確保などこれから、これまで以上に大変な作業が続くようだ。

続きを読む "口蹄疫に非常事態宣言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/18

25度を越え夏日

100518_0

今日は、朝から強い南風が吹いて気温がグングン上昇して25度を越え夏日となった。

日曜日にマレーシアから来た人を浮島に案内する予定なので、下見に出かけた。浮島は巨大なアシ原で、オオセッカ、コジュリンなど珍しい鳥を見ることができる場所だ。

気温と風のためか鳥影は少なく、オオセッカは見られなかった。大丈夫だろうか。バードウォッチャーに会ったが、あまり芳しくない。

続きを読む "25度を越え夏日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/17

アマチュア無線のQSLカードが出てきた

100517_2_2

相変わらずヒマがあれば、古い資料を片付けているけれど、際限が無いようだ。

絵はがきの束を整理していたら、中から40年以上前の高校生の時に使っていたアマチュア無線のQSLカードが出てきた。オリジナルデザインのカードを印刷して貰ったものだ。

非常にきれいな状態で残っていた。いろいろあって一時一家離散したこともあって、就職したときの荷物は、段ボール2個、プラスチックの衣装箱一つ、布団一組というシンプルなものだったけれど、ちゃんと取ってあったということだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チェーンの理髪店でシルバー割引

100517_1

夜空に三日月が浮かんでいる。麦が育っている。

総合調髪がシルバー割引で1,680円という、安いチェーンの理髪店「イン東京」が近くにあるので、試しにいってみた。

さすが安いだけあって、カットは一応ハサミでチャッチャと5~6分で終了。分業制で際ぞりと顔ぞりは別のスタッフで、細かなところはカミソリを使うけれど、髭はT字カミソリでサッサ。洗髪は別の場所に移動して、早く流すためかシャワーの勢いの良いこと。

洗髪が終わると、顔を洗うかどうか聞かれた。顔ぞりの後に石けんが残ったままなので、洗うというと自分で洗うらしい。タオルを渡されて自分で顔を拭いて、ブローのために別の席に移動。

続きを読む "チェーンの理髪店でシルバー割引"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/16

アカガネコハナバチ

100516_2

ヤマトツヤハナバチに似ているけれど、頭と胸が金属光沢があってアカガネコハナバチのようだ。

ハチの種類は、知らないだけで随分多いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外来魚駆除

100516_0

今日は七十二候の「筍生ず」。孟宗竹の筍のシーズンは終わりだけれど、真竹はこれから。孟宗竹が普及したのは江戸時代だけれど、真竹は日本に自生していたといわれているから、七十二候の筍は、真竹ということだろう。

午前中は、ひたち野うしくのまち歩き。知らない場所に行くことができて、非常に面白かった。毎日のように通っていた西大通りを横断するトンネルがあるのを知らなかった。

午後は、特に予定がなかったので、NPOが活動している池で外来魚駆除。なんということはない、ブルーギルとブラックバスを釣るだけ。

続きを読む "外来魚駆除"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

ハードディスクを破壊

100515_10

少しずつゴミをかたづけているのに、なかなか部屋の中が片付かない。

今日は、古いMacintoshに使っていた200Mハードディスクを壊すことにした。昔は200Mでも大きいと思っていたけれど、今は、500Gが普通で1Tが多くなっているので、隔世の感がする。

SCSIIのハードディスクは、新しいMacintoshで使うことができなくなってしまったので、捨てる前にデーターが読み取れないように破壊することにした。

続きを読む "ハードディスクを破壊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫が沢山

100515_5

触角が白く長い不思議な蛾が飛んでいた。一緒に廻っていたMさんに聞くとクロハネシロヒゲナガのオスということだ。メスもいたけれど、触角がオスの半分くらいだった。

こんな長い触角では飛びにくいし、目立つだつだろう。自然は不思議なことをするものだ。

若葉が茂ると、昆虫も急に種類が多くなってくる。

続きを読む "虫が沢山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの里山散歩

100515_2

このところ土曜日に予定が入っていて恒例の里山散歩に来ることができなかったので、久し振り。

立夏を過ぎて初夏の里山は、新緑に包まれさわやか。ウワミズザクラの花も散り、実になっていた。

このごろは日の出が早いので、鳥達は日の出前後に活発に活動しているので、非常に静かで、シュレーゲルアオガエルとカラスの声だけが賑やかだった。

モズが巣立ちビナに給餌しているところを見ることができた。アシ原にオオヨシキリが戻ってきていた。カッコウ類はまだのようだ。

続きを読む "久し振りの里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカの仕業

100515_1

今日は、「沖縄本土復帰記念日」、「5.15事件記念日」、「ヨーグルトの日」。

今朝の最低気温は、9度台と一段と涼しくなってきた。最高気温は16度。

朝の散歩の時にハトの死体を見つけた。首がなく、内蔵を食べられていた。食べられて数日経っているようだ。足輪が付いていて、レース鳩。

続きを読む "タカの仕業"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/14

接写が得意なリコーのコンデジCX2

100514_1

今日は旧暦4月1日。「温度計の日」、「種痘の日」。

曇りで時々青空が顔を出す一日。気温も低めで、涼しい。

昼休みの散歩で、何種類かのハチの写真を撮影できた。リコーのコンデジCX2は、接写が得意なので、想像以上に良く撮れる。

続きを読む "接写が得意なリコーのコンデジCX2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

ライ麦の花

100513_1

今日は「花袋忌」。

早朝は10度で、肌寒い。上着を着て散歩にでかけた。

途中、ライ麦の花が咲いていた。雄しべ(葯)が非常に大きい。パンにする訳ではないだろうから、鋤き込んで緑肥にするのだろうか。

続きを読む "ライ麦の花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/12

テントウムシは天気が似合う

100512_1

今日は「ナイチンゲール・デー」。

午前中雨が上がって昼頃は青空がでて、気持ちよかった。テントウムシは天気が似合う。

3時過ぎに急に東の空が暗くなってきて、一時間ほどで明るくなってきた。雨量・雷情報を見ると、栃木県真岡方向から雷雲が成田方向に抜けていったようだ。場所によっては、強い雨や雹が降ったらしい。

続きを読む "テントウムシは天気が似合う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」

公開1週間で観客動員第8位になった映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」を見てきた。

サンゴの養殖に挑戦した錦城浩二さんの実話を吉本のナイナイの岡本隆史が主役で映画化したもので、なかなか良い映画だと思う。

けれど、見た後にリアリティーに欠ける何とも中途半端な感じが残った。サンゴの養殖というユニークな仕事を達成するために、色々な障害を越えて成功させるのだけれど、主人公と妻の生活実感のなさ、越えるべき障害の中途半端さなどで、いい話が空中に浮いてしまっている。

映画は実録ではないのだけれど、「虚実は皮膜の間にあり」が非常に重要ではないか。しっかりした現実や事実の積み重ねがあって初めて、そこに虚構というか演出が生きてくるのだろう。

続きを読む "映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーのレンズ交換式デジカメ発表

100511_1

今日は七十二候の「みみず出ずる」。朝から雨模様。それほど強い雨ではなかった。

午前中は、NPOの仕事。午後は、岡村隆史主演の映画「ていだかんかん」を見てきた。

今年3月のCP+でソニーが発表したレンズ交換式デジカメαNEX-5、αNEX-3の2機種を6月初旬に発売することがはプレスリリースさ れた。定価は、もちろん先行2社を強く意識した設定となっている。

続きを読む "ソニーのレンズ交換式デジカメ発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

あしかがフラワーパークの大藤棚

100510_1

今日は「愛鳥の日」。今日からバードウイーク。

昨日の新聞に「あしかがフラワーパーク」の藤の花が見事だという記事があったので、行ってきた。

早めに出発したのだけれど、カーナビに案内された道が工事中で通行止めだったので、ちょっと手間取って、到着が10時半過ぎになってしまった。

続きを読む "あしかがフラワーパークの大藤棚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

母の日のぷれぜんと

100509_2

母の日ということで、こぎつねが東京からピンクのアジサイの鉢植えを抱えてやってきた。

重かったろうに。ははぎつねはとても喜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッキに防虫・防腐塗料

100509_1

今日は「母の日」、「アイスクリームの日」、「黒板の日」。

昔話の王子でも昔はとても食べられないはずのアイスクリームは、いつでも食べられるようになってしまった。贅沢は一度味をしめると戻れないかもしれない。

ベランダの木製デッキは、犬が乗るので、一部分が剥げてしまった。気になっていたが、気温も上がり、天気が良くなったので、今年も塗り直すことにした。

続きを読む "デッキに防虫・防腐塗料"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

田植えも順調のようだ

100508_1

今日は「世界赤十字デー」、「ゴーヤの日」。

天気も良く気温も上がり快適。低温で遅れていた田植えも順調のようだ。

向いの家の屋根裏にムクドリが出入りしているので、繁殖を始めたのだろう。都市部では、最近の住宅は隙間がないので、スズメが繁殖する場所がなくなって、数が減っているのではないかという話も聞くけれど、向いの家は木造の下見板張りで、隙間だらけのようだ。

続きを読む "田植えも順調のようだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/07

天気は今ひとつ

100507_1

今日は「博士の日」、「コナモンの日」。

天気は今ひとつで、午後から雨が降り出した。

アップルのiPadの発売日が28日決ったらしい。iPadには激しく呼ばれているので、困ったものだ。

宮崎県の口蹄疫は、広がりを見せている。九州全体に飛び火でもしたら、牛肉、豚肉の供給に大きな影響がでることになる。国内で稲わらが余っているのに、単にコストだけで口蹄疫の汚染地区の中国から、牛のエサとして稲わらを輸入することは本当に良いことなのだろうか。

続きを読む "天気は今ひとつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/06

天気も上々

100506_1

連休の中休み。天気も上々で久し振りに仕事。

島に遠征中は、新聞を初めとしてテレビを見る余裕もなく、ましてやインターネットとソフトバンクの携帯は使えない状態だったので、戻って初めて知る情報が多数。

俳優・佐藤慶さんが、2日肺炎のため亡くなっていたということ。81歳、合掌。時間は停まってくれない。

続きを読む "天気も上々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

いつもの手作りアイスクリーム

100505_8

帰り道の昼食は、酒田の南大門で盛岡風の冷麺(750円)。ゴムのように歯ごたえのある麺がなんとも言えない。数年前までは毎年通っていたのだけれど、酒田名物ワンタンメンの存在を知ってから浮気していた。

食後は酒田ICから一路山形道へ。道は70キロ制限だけれど空いていて、専用道モードだった。月山ICからも、混雑はなく、恒例のハイウエイオアシス寒河江で手作りアイスクリーム(2色盛 280円)。

続きを読む "いつもの手作りアイスクリーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛島から酒田港へ

100505_4

船が出航すると、ウミネコがついてきた。双胴船の「ニューとびしま」は、相当早いのだけれど、カモメの方が早い。船を追い越しては、戻ってきて、船と一緒に飛んでいる。

数羽は酒田港まで着いてくるようだ。多分一時間もかからずに戻ることができるのだろう。

海の色が違う境目に、オオミズナギドリやウトウの群が浮いていたが、遠い。

続きを読む "飛島から酒田港へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛島三日目

100505_1

今日は二十四節気の「立夏」、七十二候の「蛙始めて鳴く」。「端午の節供」で「こどもの日」。

今朝も4時半に宿を出発。歩きすぎで、足が痛くて、島の上の道路に向かう階段を登るのも一苦労だ。初日に靴下が薄すぎたようで、両足の小指にできた水ぶくれが痛い。

島の中心部まで行って戻ってきた。野鳥は昨日までと同じ顔ぶれだけれど、鳥の数は少なめ。どんどん北に向かって飛び出していったのだろう。

続きを読む "飛島三日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

飛島二日目

100504_00

今日は「みどりの日」、「ラムネの日」。

午前4時起床。支度をして日の出の少し前に出撃。

昨日随分歩いたので、足が痛いので、歩き出すまでが大変。数歩歩くと痛いけれど、それほど苦にならなくなる。一度休むと同じことになる。

朝食前に、昨日色々な鳥を見ることができた島の北側のヘリポートに向かった。

続きを読む "飛島二日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

飛島一日目

100503_8

島に上陸して、装備を整えてバードウォッチングに出撃。毎年のことながら、出発する前は、難行苦行が帰るまで続くと辛いという気持ちと、新しい鳥に出会えるのえはという期待が半々の複雑な気分だ。

まずはウミネコの繁殖地とハヤブサの営巣場所の見える場所まで上った。幸いハヤブサが出迎えてくれた。

中央の道路を歩き、両側の畑やブッシュ、林などの鳥を探しながら、北部のヘリポートへ向かった。疲れて動けないオオルリがいて、カメラを構えても逃げないので大写しできた。

続きを読む "飛島一日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒田港から飛島へ

100503_6

時間になって「ニューとびしま」で、飛島に向けて出発。「ニューとびしま」は、7月に新造船が就航するので、今回の往復航路が最後ということになる。

大きなうねりはあるけれど、波はなく快適な航海になった。1時間半の航海中は、海鳥類を探すバーダーで甲板は一杯。

波間に浮かぶ、小さな黒い点を見つけなければならない。今回は、ウトウ、ウミスズメが多かった。

続きを読む "酒田港から飛島へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝食は刺身大盛りの「づけ丼」

100503_5

朝食は、さかた海鮮市場の2階にある「海鮮どんや とびしま」。7時の開店前から階段の下まで行列が出来ていた。観光客だけでなく、地元市民も大勢来ているようだ。

7時の開店で、朝定食525円を狙ったが、即売り切れ。ついでにサービスの「どんがら汁」もなくなってしまった。仕方が無いので、「づけ丼」(680円)にした。マグロを中心に、ホタテ、たこ、サーモン、鯨などいろいろな刺身が載っている。ご飯は少ないけれど、刺身の量が半端ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日を浴びて酒田へ

100503_1

今日は「憲法記念日」で休日。

早朝、空気が澄んで、朝日岳が朝日に光っていた。

孝庵の近くの寒河江川に沿って、野鳥の声を聴きながら散歩。

続きを読む "朝日を浴びて酒田へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

孝庵で山菜尽くし

100502_7

孝庵に戻って、この旅行で一番期待していた夕飯。

今年も女将心づくしの山菜料理が並んでいた。イワナの塩焼き、ずんだの包み揚げ、蕗の薹と豆腐のがんもどきなど熱いものは後から順にでてきた。

ずんだをシュウマイ皮で包んであげた「包み揚げ」は、塩で食べるのだけれどこれは旨すぎ。

締めは、きのこ汁で食べる月山蕎麦。思い出すだけで涎がでてくる。一見シンプルだけれど手の込んだ山里の料理は、ここでしか食べることができないだろう。

続きを読む "孝庵で山菜尽くし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井沢温泉「ゆったり館」でゆったりと

100502_5

時間が遅くなったので、急いで宿泊地の西川町に向けて出発。国道287号線を北上し大江町から県道27号線の細いワインディングロードを走り、大井沢トンネルを抜けて西川町大井沢に到着。なかなか走りごたえがあった。途中には雪がたくさん残っていて、春の雪解けの感じ。

今年も宿泊は、民宿孝庵。夕飯を楽しみに、大井沢温泉「湯ったり館」に下駄をカラコロいわせながら向かった。入湯料300円ということもあって、月山、湯殿山のスキー客も立ち寄っていて、浴室は大混雑だった。

続きを読む "大井沢温泉「ゆったり館」でゆったりと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開の桜に迎えられて

100502_1

今日は、立春から数えて88日目の「八十八夜」。茶処では一番茶摘みが始まるのだろう。「緑茶の日」、「鉛筆記念日」、「郵便貯金創業記念日」、

ここ10年、ゴールデンウイークの恒例になっている山形県飛島への探鳥旅行に8時に出発。常磐道を走り始めてすぐに、カメラを忘れたことに気がついて、取りに戻るという大失敗からのスタートになってしまった。

遅い出発だったので、常磐道、磐越道と渋滞はなく、東北道で10キロ程の渋滞はあったけれど、ノロノロということもなく順調に走ることができた。

今年は天候不順もあって、桜の開花が遅れているので、米沢の置賜桜回廊を通ることにして、福島飯坂インターで一般道へ。

続きを読む "満開の桜に迎えられて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

イイアスつくばでピザ

100501_1

今日は「メーデー」、「日本赤十字社創立記念日」。

青空が広がり、気温も20度を越えた。この調子で天気が続いて欲しいものだ。

午前中は整形外科のリハビリで、頸椎と腰椎の牽引。このところ手足にしびれが出て余り調子が良くない。明日から山形方面への遠征があるので、調整というところ。

続きを読む "イイアスつくばでピザ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »