« 日本がデンマークに3-1で快勝 | トップページ | 親が死ぬまでにしたい55のこと »

2010/06/26

梅雨の間の里山散歩

100626_1

今日は旧暦5月15日で満月。南向きの湿気を含んだ風が吹いて、暑い一日。部分月食なのだけれど、曇り空で何も見えなかった。

毎週恒例の里山散歩。今回は薬草の専門家が参加。

梅雨に入って湿度が高いためか、コースには色々なキノコが顔を出していた。ハイライトは、巨大な「アカヤマドリ」。傘の直径が40cm以上ある。食用になるらしいけれど、これほど大きくなると食べようという気にならない。

100626_2

食用には傘の開かない4、5cmのものがいいらしい。

鳥は少なめで、ワシ・タカは見られなかった。キビタキが囀っていた。

【観察種】
  1. ゴイサギ              8. ヒバリ               15. エナガ
  2. ダイサギ              9. ツバメ               16. シジュウカラ
  3. コジュケイ           10. ハクセキレイ         17. メジロ
  4. キジ                 11. ヒヨドリ             18. ホオジロ
  5. キジバト             12. ウグイス             19. スズメ
  6. ホトトギス           13. オオヨシキリ         20. ハシボソガラス
  7. コゲラ               14. キビタキ             21. ハシブトガラス

100626_3

キノコは教えて貰わないと何もわからないけれど、写真を撮れたもの。

100626_4

100626_5

100626_6

タケカレハの幼虫が最後の脱皮をしていた。この幼虫は大きいから、直ぐに鳥に見つかってしまうのではないだろうか。

100626_7

タケカレハの成虫。不思議な顔で、毛の中に小さな黒い目が光っている。

100626_8

コガネグモの大きなメスが巣の真ん中で脚を広げていて、巣の隅の方に小さいオスがいた。コガネグモは、ジョロウグモと違ってオスを食べないらしい。

100626_9

オスのコガネグモは雌の十数分の一の大きさ。

|

« 日本がデンマークに3-1で快勝 | トップページ | 親が死ぬまでにしたい55のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/48727471

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の間の里山散歩:

« 日本がデンマークに3-1で快勝 | トップページ | 親が死ぬまでにしたい55のこと »