« 一年の折り返しの日 | トップページ | 里山は生きものに溢れ »

2010/07/02

新しいデジカメの超望遠の実力

100702_4

今週の初めに手に入れたFUJIのFINEPIX HS10のテストをしているけれど、30倍ズームの威力を試してみた。

35mmフィルム用レンズ換算で24mmの広角から720mmの望遠までの30倍ズームは、コンパクトデジカメでは最大ではないだろうか。

跨線橋の上から広角端で撮影した後、ズームを望遠端にして撮影して比較すると、威力がわかる。

100702_5

最初の写真の中央にある点のように写っているマンションが、720mmの望遠では画面一杯に写る。どちらもトリミングをしていない。曇りの日の夕方6時頃だったけれど、手持ちでもほとんどブレていない

普通のコンデジは広角28mmが多いけれど、24mmはやはり広い範囲が写っている。

100702_6

10m程離れた芝生の中にいたスズメを手持ちの望遠端720mmで撮影してみた。中心部を拡大してみると、意外ときれいに撮れていた。

100702_7

問題はオートフォーカスが若干遅いことと、一眼レフと違いシャッターのタイムラグが大きいことだろう。明るい屋外の撮影で、動かない被写体を撮影するのは問題ないと思う。

きたきつねの好きなマクロ撮影については近いうちにテストしえみよう。

|

« 一年の折り返しの日 | トップページ | 里山は生きものに溢れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/48789629

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいデジカメの超望遠の実力:

« 一年の折り返しの日 | トップページ | 里山は生きものに溢れ »