« 今日は真夏日 | トップページ | キジの親子が飛び出してきた »

2010/07/04

粘菌の観察会

100704_1

今日の午前中は、粘菌(変形菌)の観察会。講師は「日本変形菌類図鑑」の著者の萩原博光さん。偶然だが、学校の先輩だった。

きたきつねは、粘菌のことは南方熊楠のコレクションを国立科学博物館で見て知って、おかしな生きものがいるものだと思っていて、去年偶然粘菌の実物に出会っただけで、初心者だ。

参加者と一緒に、里山の道沿いの落ち葉や朽ち木を探しながら進んでいると、見つけたと声が上がる。

川沿いの朽ち木に、黄色の変形体があった。エサのバクテリアを探して動いているのだろうけれど、ゆっくりなので判らない。

子実体が色々なところで見つかった。小さく薄暗いところにあるので、なかなかきれいに撮れなかったけれど、なんとか雰囲気がわかるようには撮れた。

最後に萩原先生が麩で飼育している変形菌を希望者に配布してくれた。きたきつねは、生きものは維持できないのでパスした。

それにしても不思議な生きものだ。

100704_2

ムラサキホコリ

100704_3

100704_4

100704_5

100704_6

マメホコリ

100704_7

ツノホコリ(?)

100708_8

シロウツボホコリの未熟な子実体

|

« 今日は真夏日 | トップページ | キジの親子が飛び出してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粘菌の観察会:

« 今日は真夏日 | トップページ | キジの親子が飛び出してきた »