« 旧暦7月1日 | トップページ | 猛暑が戻ってきた »

2010/08/10

映画「ソルト」

100810_2

ポイントが貯まったのでシネマコンプレックスにアンジェリーナ・ジョリー主演の「ソルト」を見に行ってきた。

忍者でいえば「草」になるのか、旧ソビエト時代に小さい頃にスパイの特訓を受けスパイロボットに育った子供が、米国やヨーロッパの社会にもぐり込んで、ある時指令を実行するという物語。

そのスパイの一人がCAIのエージェントになっているアンジェリーナ・ジョリーの演じるエブリン・ソルトだ。

スパイ特訓組織の長だった男が現われて、ソルトにロシア大統領を暗殺指令をだすところから始まる。

アンジーの超人的なアクションにグイグイと引き込まれてしまい、あっという間にクライマックスの米国大統領を巻き込んでICBMの発射ボタンが押されるのを阻止する場面になってしまった。

「草」としてもぐり込んだ仲間が次々と出てきて、それも意外な人物がでてくるというのが、お約束で、誰がでてきても、沈着冷静なソルトが次々と倒していく。

ストーリーは別にして、アンジェリーナ・ジョリーのアクションを見るだけで十分楽しめる映像に仕上がっていると思う。くノ一忍法帖の現代版。

|

« 旧暦7月1日 | トップページ | 猛暑が戻ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49115600

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソルト」:

» 映画「ソルト」 評価★★★☆☆ [ネットでお小遣いUP大作戦!]
 アンジェリーナ・ジョリーのイメージに合ったアクション映画でした。映画を観終って、今回も派手に暴れてくれた!!とアクションに関しては満足感でいっぱいの作品です。ただ、細かいことを言うと、エレベータの中をスパイダーマンのように飛び下りて下の階まで行くシーンなど、ちょっと不自然な感じるアクションが目につきました。  そもそもアクション映画なので、ストーリーについて語ってもしかないのかもしれませんが、若干B級の雰囲気です。この人はほんとは死んでないだろうなとかこいつはそろそろ本性を現しそうだな~とかわか... [続きを読む]

受信: 2010/08/13 01:06

« 旧暦7月1日 | トップページ | 猛暑が戻ってきた »