« 一日予定がびっしり | トップページ | 処暑とは名ばかりで猛暑日 »

2010/08/22

WindowsPCからiMacへのデータのお引っ越し

100822_1

今日も真夏日。

休養日ということで、朝から溜まっていた本を少しずつ読んでいたけれど、暑さで集中力が続かないし、眠たくなってしまう。

今日こそ、WindowsPCからiMacにデータを移すことにした。データ転送には、Macにも使えるということで、システムトークスの「スゴイケーブル・イージープロUSBファイル転送ケーブル」を使うことにした。

「SUGOI CABLE EASYPRO SGC-20EZPRO」はUSBケーブルでつなぐだけで、相互にハードディスクの中が見えるようになって、コピーできるようになった。

WindowsXp以降だと、ソフトのインストールは不要で、USBケーブルをPCにさすとケーブル内蔵のソフトが自動で動き出す。MacOSの場合は、USBケーブルをMacにさすと、CD-ROMのアイコンがディスクトップに出るので、その中からMac用のソフトを動かすと、WIndowPCとiMacのハードディスクの内容が表示されるので、ドラッグ&ドロップでファイルを転送できた。

ネットワークでもできるが、誰でもできる訳でなく、このケーブルを使えば非常に簡単にできた。

Windows同士だと、設定も移動できるので、もっと便利だろう。

|

« 一日予定がびっしり | トップページ | 処暑とは名ばかりで猛暑日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49223264

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsPCからiMacへのデータのお引っ越し:

« 一日予定がびっしり | トップページ | 処暑とは名ばかりで猛暑日 »