« 日中は体力、気力がわかない | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 »

2010/09/06

映画「オカンの嫁入り」

100906_2

大竹しのぶ、宮﨑あおいが親子役をする「オカンの嫁入り」を見てきた。

咲乃月音の同名の小説が原作で、母と娘の二人暮らしの家庭に起こるドラマで、母親の末期がん、娘のストーカー被害によるPTSDが重要な要素となってでてくる。

ストーリーと役者が揃い、相乗効果が生きたリアリティーのある映画で、非常に良いと思う。

大家のさく婆さん、婿になる研二、整形病院の先生など脇役も生きている。

大竹しのぶの白塗りの白無垢姿は、なかなか見せる。衣装合わせで、あそこまで化粧はしないと思うけれど・・・・

|

« 日中は体力、気力がわかない | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49374838

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「オカンの嫁入り」:

» 映画「オカンの嫁入り 」タイトル通りの普通の映画 [soramove]
「オカンの嫁入り 」★★★ 宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萌子、國村隼出演 呉美保監督、110分 、2010年9月4日公開、2010,日本,角川映画 (原題:オカンの嫁入り )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「宮崎あおい、大竹しのぶ競演を見に劇場へ、 さすが平日、ガラガラです。 今、劇場へ行く世代のターゲットを絞れない映画だから 仕方ないけれど、見せる努力はしないと ... [続きを読む]

受信: 2010/09/15 00:07

« 日中は体力、気力がわかない | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 »