« 「おわら風の盆」も大変だ | トップページ | 9月の観測史上最高気温 »

2010/09/04

炎天下の里山散歩

100904_1

今日も猛暑日。なんといっても10時間も30度以上が続くというのは尋常ではない。

物好きといううか、炎天下の下里山散歩。ずいぶん長い間、まとまった雨が降らないので、池の水位は下がり、一部の草は枯れてきた。

草地で羽の短いヤマトフキバッタを見つけた。きたきつねは初認。最初は幼虫かと思ったけれど、図鑑で調べてヤマトフキバッタだった。いつも見落としていたのだろう。

100904_2

ジョロウグモの交尾を見ることができた。メスの脱皮した殻があったので、脱皮を待って近くで待機していたオスが急いで交尾したのだろう。ジョロウグモは巣を挟んで、腹合わせになって交尾するようだ。

100904_3

木の穴の中に大きなヤマナメクジがいた。

100904_4

ナガコガネグモがバッタを捕まえていた。

100904_5

アズチグモがアブをくわえて動き回っていた。

【観察種】
  1. ゴイサギ              7. キジバト             13. シジュウカラ
  2. チュウサギ            8. ツバメ               14. メジロ
  3. アオサギ              9. ハクセキレイ         15. ホオジロ
  4. カルガモ             10. ヒヨドリ             16. スズメ
  5. サシバ               11. ウグイス             17. ハシボソガラス
  6. コジュケイ           12. セッカ               18. ハシブトガラス

|

« 「おわら風の盆」も大変だ | トップページ | 9月の観測史上最高気温 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49350500

この記事へのトラックバック一覧です: 炎天下の里山散歩:

« 「おわら風の盆」も大変だ | トップページ | 9月の観測史上最高気温 »