« 一路、苫小牧へ | トップページ | 苫小牧着 »

2010/09/15

低温研の横を抜けてポプラ並木に

100916_6

いつも札幌に来る時は予定が決まっていてゆっくりと大学のキャンパスをあるくことができないので、車を宿に停め、地下鉄で北海道大学へ。

地下鉄北12条で降りて、キャンパスに入った。前回、ゆっくりキャンパスを歩いたのは、6年前の台風18号通過直後だったから、随分久しぶりだ。

テニスコートにちょっと寄ってから、低温研の横を抜けてポプラ並木に向かった。

100916_10

中谷宇吉郎先生が人工雪を作った低温研の実験室があった跡に、碑ができていた。

100916_3

途中、遅い昼食を摂ることにした。生協の学食にしようかとも思ったけれど理学部横のレストラン「エルム」で肥育牛のステーキのランチ。

100916_4

スープ、サラダ、ステーキ、コーヒーが付いて1200円。スープは、北海道らしくジャガイモがベース。

100916_5

牛肉はレアだったけれど、きちんと火が通っていていい仕事をしている。ソースはジンギスカンのタレ風の味。

100916_7

台風で倒れたポプラ並木は、若い木が補植されていて、往年の大木の並木というわけにいかないけれど、大学のシンボルだから、いつかまた大木の並木になることだろう。

100916_8

途中オンコ(イチイ)の木に赤い実がなっていた。甘いので、近くを通る人がつまんで食べてしまうのだろう、手の届く範囲の実はなくなっていた。きたきつねもひとつ摘んでみたけれど、甘くねっとりとした果肉が懐かしい。子供の頃は、甘いものが少なかったので、オンコの実は子供達の秋のおやつのひとつだった。

100916_9

新渡戸稲造先生の銅像にも再会。

|

« 一路、苫小牧へ | トップページ | 苫小牧着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49499342

この記事へのトラックバック一覧です: 低温研の横を抜けてポプラ並木に:

« 一路、苫小牧へ | トップページ | 苫小牧着 »