« 土浦全国花火競技大会 | トップページ | 100歳まで生きるということ »

2010/10/03

里山に住む貝の観察会

101003_1

今日は七十二候の「水始めて涸る」。天気予報は雨だったけれど、目が覚めてみると晴れていたので、いつもの里山で開催された、千葉県立中央博物館の黒住さんを講師に迎えての「里山の貝の観察会」にでかけた。

谷津田に向かう途中にヒタチマイマイ、ウスカワマイマイ、ヒダリマキマイマイといったカタツムリを観察しながら移動。

先生の指導で、山際の落ち葉の中から微小貝を探すことに。良く見ていると、小さな小さな白い貝が見つかった。

101003_2

ルーペで拡大してみると、白い模様がきれいなヒダリマキゴマガイという陸貝ということだ。

101003_3

オカチョウジガイ

101003_4

ナカネガイの一種

101003_5

大きいので、倒木の周辺で時々見かけることのある、ヒカリギセル。

101003_6

ため池から流れ出している小川では、ヒメタニシ。

101003_7

シジミは、マシジミではなく外来のタイワンシジミに変わってしまっているらしい。

101003_8

大きいのがドブガイ、小さく長い形の貝がイシガイ。

貝はあまり興味がなかったけれど、微小な陸貝は非常に面白そう。

|

« 土浦全国花火競技大会 | トップページ | 100歳まで生きるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49642265

この記事へのトラックバック一覧です: 里山に住む貝の観察会:

« 土浦全国花火競技大会 | トップページ | 100歳まで生きるということ »