« 西高東低の冬型の気圧配置 | トップページ | この秋一番の冷え込み »

2010/11/03

iLife11とMicrosoft Office for Mac 2011

101103_2

注文してあった新しいMacOSX用のソフト「iLife 11」「Microsoft Office for Mac Home and Student 2011」が届いたので、iMacとMacBookにインストールした。

どちらのソフトも同じ家庭内の複数台のMacにインストール可能なファミリーパックで、iLife11は2台に、MS Office for Macは3台に使える。MS Office for MacはWindows用のOfficeの値段に比べると非常にリーズナブルになっている。

MS Office for Macは、Windows用のOffice Personalにないパワーポイントが入っている。Macの場合には、Outlookは必要ないので、こちらの方が合理的だと思う。

MS Office for Macを使ってみたけれど、WindowsのMS Office2007のリボンに比べて、従来のメニューに近い感じになっていて、混乱は少ないと思う。

iWorkのPagesとNumbersでもWordとExcelのファイルの読み書きはできるけれど、互換性に関しては若干不安があるので、やはりMS Office for Macを選択することにした。特に、Pagesでは縦書きができないのも、滅多に使わないのだけれど、つい先日も困ってしまったので、やはりあったほうがいい。

|

« 西高東低の冬型の気圧配置 | トップページ | この秋一番の冷え込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49928665

この記事へのトラックバック一覧です: iLife11とMicrosoft Office for Mac 2011:

« 西高東低の冬型の気圧配置 | トップページ | この秋一番の冷え込み »