« 今朝は濃い霧 | トップページ | JALのエコジェットB777 »

2010/11/10

国家公務員法違反でしか逮捕できないはずだ

101110_1

今日は快晴。常陸大子のVOAを目指す北海道方面へのB777が青空に浮かんでいた。

仕事に行くとWebサイトの更新が沢山待っていた。元々ファイル名がユニークになっていないので、どのフォールダーにもindex.htmlばかり。それで、いつもどのファイルを参照していたか混乱してしまう。システマティカリーなファイル構成に直すのはもう無理だろう。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出事件で神戸海上保安部所属の主任航海士が流失したことを上司に告白して、国家公務員法違反容疑で警視庁に逮捕されたが任意で事情聴取している。逮捕という報道があったけれど、容疑が微妙だということだろうか。

海保はこれまでも北朝鮮の工作船との銃撃戦などを公開していて、今回の事件についても当初は機密的な扱いではなかったのではないか。公開を準備していたところを、民主党がストップをかけたということだろう。

守秘義務違反に問えなかったので、国家公務員法違反にしか問えなかったのだろう。それにしても、テレビは騒ぎ過ぎだ。

先守防衛の自衛隊にできない、国境で日本の領海を守るために命を張って頑張っている海保の職員を踏みつけにされることに、映像を流失した海保の航海士は我慢ができなかったのだろう。このような映像の公開を止めて、政権維持を図ろうとする民主党は末期なのかもしれない。

|

« 今朝は濃い霧 | トップページ | JALのエコジェットB777 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/49991625

この記事へのトラックバック一覧です: 国家公務員法違反でしか逮捕できないはずだ:

« 今朝は濃い霧 | トップページ | JALのエコジェットB777 »