« こんなところからもスカイツリーが | トップページ | 従妹が亡くなった »

2010/11/28

里山の収穫祭

101128_1

今日は「太平洋記念日」。太平洋戦争ではなく、1520年にマゼランが、マゼラン海峡を通過して太平洋にでて、この海をPacificOceanと名づけたことによる。早朝の散歩の時に霜が降りていた。今季三度目。

日頃の精進の結果か、小春日和の中で里山の収穫祭。一年に一回里山の恵みを皆で楽しもうというイベントで、ことしもきたきつねは餅つき担当。

毎年反省しながら、餅の量を減らしてきたので、今回は適量になったようだ。大学生が随分頑張ってくれたのもある。技術を伝えて行かなければいけないだろう。

餡、きなこ、大根おろしを絡めて食べたけれど、やはり碓と杵でついた餅は旨い。

それにしても、きたきつねの世代でも、餅つきをしたことがない人が多いのは、きたきつねの周りの人が、都会で暮らすサラリーマン世帯で育った人が多いということなのだろうか。

小さい子どもにも餅つきさせてあげたけれど、非常にいい経験になったようだ。

|

« こんなところからもスカイツリーが | トップページ | 従妹が亡くなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50157841

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の収穫祭:

« こんなところからもスカイツリーが | トップページ | 従妹が亡くなった »