« 上越市の遺伝子組み換え稲裁判はこれで終わるだろう | トップページ | 落ち葉を踏みしめて里山散歩 »

2010/11/26

甲羅を経ると

101126_1

今日は「ペンの日」。日の出が6時27分、日の入りが16時28分で、もうすぐ日中の長さが10時間を切ることになる。

きたきつねは忘れていたけれど、誕生日だった。これくらい甲羅を経るとどうでも良くなる感じ。どんなことをしても、終末が近づいてくるのだから、逆に嬉しくないかもしれない。

子どもの頃は、滅多に口に入らないごちそうと甘いケーキが嬉しくて、心待ちにしていたものだ。

101126_2

こぎつねが運んできた、カリフォルニアのサンディエゴから届いた誕生日のプレゼント(多分?)。

|

« 上越市の遺伝子組み換え稲裁判はこれで終わるだろう | トップページ | 落ち葉を踏みしめて里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50139372

この記事へのトラックバック一覧です: 甲羅を経ると:

« 上越市の遺伝子組み換え稲裁判はこれで終わるだろう | トップページ | 落ち葉を踏みしめて里山散歩 »