« 雑司ヶ谷の鬼子母神 | トップページ | 風邪は万病の元 »

2010/11/21

炭火焼干物食堂 越後屋正元

101121_14

こぎつねが一緒だったので、鬼子母神前から都電で庚申塚に戻り、地蔵通り商店街で昼食を摂ることにした。

こぎつねとははぎつねが一度来たことのある焼き魚の店に行くことにした。店の前には昼時を過ぎていたけれど、人が並んでいた。店頭で魚を焼いていうところを見て、並ぶことにした。

しばし待って、カウンター席へ、こぎつねは「つぼ鯛干物定食」、きたきつねは「大山鶏刺身ステーキ定食」を注文。

101121_12

つぼ鯛干物定食(880円)。ちょっと干物をつついてみたけれどd、結構旨い。

101121_13

大山鶏刺身ステーキ定食(880円)。空腹だったので、肉を切ってしまってから気がついて撮影した。刺身ステーキというのはどういうものか興味があったけれど、鶏の胸肉を焼いて、厚い部分の真ん中がレアになっているかららしい。

面白いのは、キッチンばさみとトングがついてくることで、なま肉の部分があるので、はさみで切りなさいということらしい。

ワサビと柚子コショウが薬味としてついてきた。まあ普通の鶏。

|

« 雑司ヶ谷の鬼子母神 | トップページ | 風邪は万病の元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50095183

この記事へのトラックバック一覧です: 炭火焼干物食堂 越後屋正元:

« 雑司ヶ谷の鬼子母神 | トップページ | 風邪は万病の元 »