« 我が家の文化財の補修 | トップページ | ここにも稲荷神社 »

2010/11/14

いきものつながりアート展

いきものつながりアート展

東京に出る用事があったので、大崎のミツムラ・アート・プラザで開催中の「第3回いきものつながりアート展」にいってきた。今回のテーマは「海と山のはざま」で、去年と同じ6人の作家さんの作品が展示されていた。

大田黒摩利さんの絵、落合けいこさんのぬいぐるみ、鈴木勉さんのバードカービング、中川雄三さんの写真、松村しのぶさんのフィギュア、山村日和さんのステンドグラスと多様な動物と出会うことのできる貴重な展覧会だ。

ヒヨドリの群れ

入り口を入ってすぐに渡りのヒヨドリの群れが出迎えてくれた。よく見ると、奥にヒヨドリの群れを追いかけるハヤブサがいた。

ヒヨドリ

ヒヨドリは本物のような質感で、とてもぬいぐるみとは思えない。

ちょうど大田黒さんがいたので、説明を聞きながら会場を巡ることができた。

ツシマヤマネコ

下にはネズミを追いかけるツシマヤマネコがいた。

カワウソ

ツシマヤマネコの横には松村しのぶさんのカワウソのリアルサイズのフィギュア。今にも周囲を確認するために頭を回しそうだ。

カワウソ

口の中まで細かく再現されていた。

フクロウ

大田黒摩利さんの絵は、沢山あったけれど、フクロウ大好ききたきつねは、やはりフクロウの親子の絵に引きつけられた。良く行く場所のフクロウがモデルなので、止まっている木の雰囲気が創造できる。

フクロウ

鈴木勉さんのバードカービングも沢山あったが、やはりフクロウがいい。

ブルーバード

驚いたのは、ブルーバードの止まっている木が、年輪や木の皮までカービング作ったものものということで、ビックリしてしまった。確かに良く見ると、木の皮のは彩色してあった。

キュウキュウヤマガメ

松村しのぶさんのフィギュアの沢山あって、どれもリアルで動き出しそうだった。中でもキュウキュウヤマガメが気に入った。

出口のところに、出展の作家と他の作家のグッズが販売していた。なかでも落合けいこさんのフクロウの巣立ちビナをつれて帰りたくなったけれど、置く場所を考えてあきらめて帰ってきた。帰ってきてから、連れてくれば良かったと反省。

|

« 我が家の文化財の補修 | トップページ | ここにも稲荷神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50032244

この記事へのトラックバック一覧です: いきものつながりアート展:

« 我が家の文化財の補修 | トップページ | ここにも稲荷神社 »