« 選挙が過熱すると | トップページ | 今日は「正月事始め」 »

2010/12/12

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1」

101212_2

タイミングが悪くてなかなか見に行くことのできなかった、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1」をようやく見てきた。

この映画で、ハリーポッターは完結編ということになる。完結編は、前後編2部になっていて、今回は前編ということになる。随分長いことつき合ってきたものだ。

ハリーポッターは、キャストは同じだけれど、毎回、監督が変わって、微妙というか、随分とテーストの違うセットになっていて、魔法にかかったみたいだ。

ハリーの宿敵ヴォルデモードが復活して、魔法の国を支配し始め、ヴォルデモードを滅ぼすためにハリー達が立ち上がるというストーリで、なかなか面白いと思う。

ヴォルデモードの霊を分けて閉じ込めた分霊箱を破壊することで、ヴォルデモードを滅ぼすことができるのではないかということで、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が分霊箱を探す旅にでるというのは、なんだか「ドラゴンボール」のようだ。

魔法を使って戦えば切り抜けられる場面で、ただ逃げ回って、敵に捕まるとか、ちょっと違和感のあるけれど、さすがにヒット映画で手が込んだ映像となっている。最終章が来年の夏というので、待ち遠しい。

今回のシリーズで、魔法使いというのもクリスチャンだったということが判った。



|

« 選挙が過熱すると | トップページ | 今日は「正月事始め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1」:

« 選挙が過熱すると | トップページ | 今日は「正月事始め」 »