« エア・ドゥで札幌へ | トップページ | 一路帰宅 »

2010/12/01

お通夜

101201_4

納棺に間に合って、みんなでお棺に従妹の遺体を納めることができた。従妹はきたきつねの一つ下だから、還暦を迎えたばかりで、もっと生きたかっただろう。

9月に会った時に、「次は私の番だから」といっていたが、本当になってしまった。体調が悪かったのだけれど、皆に会いたいからと、無理に出てきてくれたらしい。元気そうに振る舞っていて、皆に悪いことを知らせないようにしていたらしい。

従兄弟達と一晩、お線香番をして、故人を偲のんだ。従兄弟達は歳が近かったので、皆仲良しだったから、思い出話はつきなかった。

人間は不死ではないから、何時どのように死ぬかを考えておかなければいけない。

|

« エア・ドゥで札幌へ | トップページ | 一路帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50202118

この記事へのトラックバック一覧です: お通夜:

« エア・ドゥで札幌へ | トップページ | 一路帰宅 »