« この冬一番の冷え込み | トップページ | ラーメン山下のチャーシューメン »

2011/01/12

7カ月の方向は大きくみて間違っていなかったか?

110112_1

今日は、「スキー記念日」。新潟県高田でオーストリアのレルヒ少佐が初めてスキー指導してちょうど100年目になる。

ケヤキの皮の裏にいたのは、たぶんゴキブリsp.の幼虫だろう。

民主党の両院議員総会で菅首相が挨拶の中で「民主党を中心とした政権がやってきた1年半、あるいは7カ月の方向は大きくみて間違っていなかったと国民に言える」と発言したらしいけれど、オイオイといいたい。

菅総理が反省することがないと本当に考えているならば、解散総選挙をして欲しいものだ。菅総理は、鳩山元総理と同じで、口からでまかせをいってもいいと思っているのだろうか。

毎年5月の連休に行っている山形県の飛島で8日夜から固定電話やインターネット回線が通じなくなっているらしい。携帯電話が通じているので混乱は起きていないらしい。

海が荒れていて、定期船が運休していて、NTTの職員がいけなかくて、ようやく昨日衛星電話を設置して対応しているという。

飛島ではdocomoとauは通じるけれど、ソフトバンクのG3はつながらなかった。ようやくソフトバンクも去年の秋からつながるようになったので、今年の連休は圏外地獄から脱出できるだろう。

|

« この冬一番の冷え込み | トップページ | ラーメン山下のチャーシューメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50569115

この記事へのトラックバック一覧です: 7カ月の方向は大きくみて間違っていなかったか?:

« この冬一番の冷え込み | トップページ | ラーメン山下のチャーシューメン »