« ブルーイレブンとお別れ | トップページ | 映画「ソーシャル・ネットワーク」 »

2011/01/16

ドアの外は銀世界

110116_1

今日は「籔入り」、「念仏の口開け」、「初閻魔」。

朝、散歩に出ようとドアを開けてみると、外は銀世界。不思議とセンター試験の時に雪が降るような印象がある。早朝は雪が降っていたので最低気温はそれほど下がらなかったけれど、日中は5度を超えなかった。

老犬スクビドゥーは、寒さにめげず、雪を蹴散らして散歩を楽しんでいた。

マスコミの「伊達直人現象」への扱いが収束しつつあるようだ。きたきつねは、あまりコメントする気にならない話題だと思っていた。この種の話題は、いつもマスコミが騒ぎすぎる。

慈善活動は素晴らしいことなのだけれど、マスコミの報道の勢いで連鎖が起こってしまっている。寄付活動が、継続されるかといえば一過性で終わるのだろう。地道に慈善活動を継続している人たちがいることを忘れてマスコミが騒ぐのはいかがなものだろう。

加熱する報道は、番組の時間を埋めるために匿名をあばこうとするし、決していいことはないと思っている。

ただ、最初の伊達直人さんは立派だと思う。本来社会のありかたを考えると、政府や自治体が音頭をとるのではなく、それぞれの個人が自発的に社会に対してできることをするというのが正しいのだろう。

江戸時代から昭和の高度成長前までは、地域の互助が機能していたのではないだろうか。無縁社会という現象が顕在化したいま、地域の互助を見直す時がきたえいるのではなかろうか。

|

« ブルーイレブンとお別れ | トップページ | 映画「ソーシャル・ネットワーク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50606736

この記事へのトラックバック一覧です: ドアの外は銀世界:

« ブルーイレブンとお別れ | トップページ | 映画「ソーシャル・ネットワーク」 »