« 紅梅が開花 | トップページ | この冬一番の冷え込み »

2011/01/10

霞ヶ浦でガン・カモのカウント

110110_1

今日は七十二候の「泉水温をふくむ」。国民の祝日「成人の日」、「110番の日」。

午前中は、茨城県内ガン・カモ調査で、仲間と担当の霞ヶ浦にでかけた。朝の散歩の時は強い風が吹いていたので、心配していたが、現地はほどんど風がなかったので、波もなくカウントが非常に楽だった。

風があると寒いだけでなく、波でカモが浮き沈みするので、非常に見づらくなるので、風がないのが一番だ。

きたきつね達の受け持ちエリアは茨城県内で一番カモの数が多いので、現場に移動中に「カモが居ないと楽だけどね」と冗談をいっていたけれど、スタート地点では、非常に珍しいことにカモがほとんどいなかった。移動しながらカウントしていたが、カモの数は例年の半分くらいだったのではないのだろうか。

いつも調査にでて思うのだけれど、霞ヶ浦では、マガモを除いて、カモの種類によって居る場所がほぼ決まっていて、それ以外の場所では、あまり見ることができない。

今年目立ったのが、カンムリカイツブリで、例年になく非常に多いという印象だった。

|

« 紅梅が開花 | トップページ | この冬一番の冷え込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50550813

この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ浦でガン・カモのカウント:

« 紅梅が開花 | トップページ | この冬一番の冷え込み »