« 瀬長島と漫湖 | トップページ | いわゆる方便とは »

2011/02/15

無事帰宅!

110215_7

瀬長島でレンタカーのバッテリーが上がってしまったので、JAFを呼んでエンジンをかけてもらうなどのトラブルはあったけれど、時間が来たのでレンタカーを返して、飛行場に送ってもらった。

昼食にソーキそばを食べて、展望デッキで写真を撮っていたら、出発ぎりぎりの時間になってしまい、手荷物検査を抜けた時には、出発10分前と大慌てだった。

帰りの飛行機は、国内線専用のB747-400Dで、搭乗後の機内放送で、この8084は2月28日で退役することになるということだった。JALは経営改善のために、燃費の悪い747を減らすことにしていて、この機体もその対象になっているということだ。

B747-446Dは、1991年10月15日就航の機体だから、機齢は20年になる、JALでも一番古い機材になる。今日も、座席数546は埋まっていなかった。

旧JASが使っていた、MD-81やMD-90も近いうちに退役することになるのだろうか。

途中は快適な飛行で、本州の中部辺りから雲が切れ始め、富士山は見えたようだ。北風だったので、千葉上空からA滑走路の34Lからの着陸。

ラッキーなことに、モノレール、山手線、常磐線と全て座ることができた。雨や風で、快適な旅ではなかったけれど、終わりよければ全て良しということになるのだろう。

|

« 瀬長島と漫湖 | トップページ | いわゆる方便とは »

コメント

充実した旅だったようでよかったです。
次回はもう少し暖かい時期に、母きつねとどうぞ!

投稿: 2nd こぎつね | 2011/02/16 18:12

こぎつね2号へ

もちろん、暖かくなってから、いってきます。

投稿: きたきつね | 2011/02/21 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/50883287

この記事へのトラックバック一覧です: 無事帰宅!:

« 瀬長島と漫湖 | トップページ | いわゆる方便とは »