« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | 放射能の恐怖を煽る政府 »

2011/03/22

冷たい雨が降っていた

110322_1

今日は、「法隆寺会式」、「放送記念日」。

午後まで冷たい雨が降っていた。

4月から、職場の健康保険の任意継続から、国民健康保険になるので、市役所に手続きに行ってきた。所得が少ないので、保険料が大幅に安くなった。きたきつねの保険証は、退職者医療制度の適用を受けるらしく、緑の線が入っている。

特に、被保険者には特典があるわけではなく、市にお金が入ってくるらしい。

帰りに、地震で行きそびれていた散髪に行ってきた。分相応に、今はやりのチェーンの理髪店で、シルバー割引で、総合調髪1680円。ひげ剃り後の石けんの付いた顔は、自分で洗うというのは、いつ行っても慣れない。

帰り道、先週は2キロ以上並んでいたガソリンスタンドは、200m程の列で、各地の製油所が動き始めたので、余裕がでてきたのかもしれない。食品も買い占めは、随分落ち着いてきたようだ。

それにしても、原発の放射能で汚染されたというほうれん草と牛乳は、政府が出荷停止にしたものだから、関係のない農産物まで風評被害が広がってしまっている。枝野官房長官は、毎日食べ続けても影響のない量だといっているのだから、菅総理は、被災地視察など、現場の迷惑になるのだから、ほうれん草と牛乳を飲んでみせてくれれば、風評被害を軽減できるだろう。

それでなくでも、農業は疲弊しているし、高齢化が進んでいるのだから、辞めてしまう人が出てくるのが後々大変なことになるだろう。

出荷停止の農産物と風評被害もちろん東京電力の補償だろう。


|

« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | 放射能の恐怖を煽る政府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/51191717

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい雨が降っていた:

« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | 放射能の恐怖を煽る政府 »