« 亀島橋の上から634 | トップページ | 何があっても春は来ている »

2011/03/25

こだまでしょうか?

110325_1

今朝も氷点下3度以下まで下がって、霜の花が咲いていた。

東京の水道の放射性ヨウ素の放射線強度は一気に下がって、乳児への飲用禁止は解けた。過敏に反応すると、お母さん達は混乱するし、影響のない年寄りの水の買い占めなど問題が大きくなるだけだ。

原発の状況を益々悪くなっているのではないか。現場での放射性物質の放出量が多くなれば、作業もできなくなって、メルトダウンの可能性の方が高くなるだろう。

最近、twitterなどでACのコマーシャルのパロディーが流行っている。いい得て妙なのだ。

「大丈夫?」っていうと「大丈夫」っていう。
「漏れてない?」っていうと「漏れてない」っていう。
「安全?」っていうと「安全」っていう。
 そうして、あとでこわくなって
「でも本当はちょっと漏れてる?」っていうと「ちょっと漏れてる」っていう。
 こだまでしょうか?
 いいえ、枝野です。

枝野官房長官は、パニックを起こさないように言葉を選んでいるのだろうけれど、聞く方は、確実に何か隠していて、ウソを付いていると思っている。人体に影響はないけれど、避難してくれなどと、矛盾だらけだろう。

正確な情報を、専門家に語らせるべきだろう。それにしても、こんな時まで原子力安全保安院や東京電力の幹部は、保身を考える必要があるのだろうか。現場、特に下請けの技術者は先端で、死の恐怖と戦いながら、多くの人の為に頑張っているのではないか。

震災については、被災者の支援や行方不明者の捜索などまだまだのところはあるけれど、道路などのインフラの復旧は急速に進んでいて、日本の土木技術は捨てたものではない。仮設住宅の建設も始まった。




|

« 亀島橋の上から634 | トップページ | 何があっても春は来ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/51215639

この記事へのトラックバック一覧です: こだまでしょうか?:

« 亀島橋の上から634 | トップページ | 何があっても春は来ている »