« 新緑の里山を巡る | トップページ | 南南西の強風が吹き荒れ »

2011/04/30

ペンキは体から遠いところから塗れ

きたきつねの家にはウッドデッキがあるのだけれど、2年前に塗り直した木材保護塗料がだいぶ劣化してきたので、塗り直すことにした。

耐候性があって、防虫・防腐・防カビ効果が高いといわれている「キシラデコール」を最初から使っていたので、ちょっと値段が高いけれどキシラデコールを買ってきた。

最初の塗り替えは、水を流してデッキブラシで清掃してから、キシラデコールを塗ったけれど、キシラデコールは浸透性がいいので、ゴミを取るだけで塗ることにした。

ペンキを塗る時にいつも心がけているのは、「ペンキは体から遠いところから塗れ」ということだ。これは、箱などを塗る時には、体から一番遠い箱の底から塗り始めるということだ。そうすれば、体を汚すことなく、奇麗に塗装作業ができる。

これは、大昔きたきつねがペンキ塗りのアルバイトをしていた時に、職人の親方に教えてもらったことばだ。

鉄骨の枠のペンキ塗りをしていたら、親方が「学校出ても、ろくにペンキも塗れないのか」といいながら近づいてきて、「ペンキは体から遠いところから塗るもんだ」といわれた。何のことか判らなかったので、聞いたら、教えてくれた。

素人はペンキを塗る時に、目の前の見えるところから塗ろうとするから、裏側とか内側を塗ろうとすると、乾く前に塗ろうとすると体にペンキがついてしまう。体を汚さないためには、先に塗った塗料を完全に乾くまで待たなければいけないので、作業能率が悪くなる。

だから、体から一番遠いところから塗るのが一番効率的で、奇麗に塗ることができることになる。親方のいうには、「体を汚すような職人は半人前だ」ということだ。

|

« 新緑の里山を巡る | トップページ | 南南西の強風が吹き荒れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/51561218

この記事へのトラックバック一覧です: ペンキは体から遠いところから塗れ:

« 新緑の里山を巡る | トップページ | 南南西の強風が吹き荒れ »