« 電気料金の「総括原価」という魔術と原発の関係 | トップページ | 今日の飛びもの AH-1 コブラ »

2011/05/20

与謝野経財相の「神の仕業」発言

110520_1

今日は「世界計量記念日」、「東京国際空港開港記念日」、「ローマ字の日」。

天気が良く、気温も26度を超えて夏日。散歩していても汗がでる。今晩から石川県能登市の舳倉島にバードウォッチングに出かけるので、午後からバイトを休んで準備。

食品店も無いということだし、ソフトバンクは圏外らしい。ソフトバンクの圏外は、離島に限ったことではないので、普通のこと?

今日の閣議の後で与謝野経済財政担当相が、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べ、同原発の津波対策についても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」として、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調したというニュース。

与謝野さんはいつから神学者になったのか、「神の仕業」とは良く言ったものだ。「悪魔の仕業」だろうに、言葉を知らないにもほどがある。石原慎太郎の「天罰」と同じ考えなのか?

地震による津波や、津波による原発事故が想定されていたことは、これまでの報道で明らかになっているではないか。どれだけ電力会社から金をもらっているのだ。

経済性だけを追い、安全を蔑ろにしてきた東電、自民党政権の責任は、大きい。反省も無く、このような発言を繰り返す、原子力推進派は、福島第一原発の敷地内で暮らして見るが良い。

きたきつねは、反原発であったけれど、原発の電気でのうのうと暮らしてきていることを負い目に感じて、強く反原発を表明していなかったが、段々と腹が立ってきたので、積極的な反原発の活動を進める気になってきた。

|

« 電気料金の「総括原価」という魔術と原発の関係 | トップページ | 今日の飛びもの AH-1 コブラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/51721647

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野経財相の「神の仕業」発言:

« 電気料金の「総括原価」という魔術と原発の関係 | トップページ | 今日の飛びもの AH-1 コブラ »