« 戸隠森林植物園散策 水芭蕉と片栗は満開 | トップページ | 強行軍も終了 »

2011/05/21

気合いが入らないバードウォッチング

110521_14

気合いが入らないバードウォッチングを続けていたら、近くでミソサザエの囀りが聞こえた。見回してもなかなか見つからない。仲間が目の前にいるというので、見ると本当に目の前のブッシュにいた。あまり近すぎて分からなかった。

アオジ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、ニュウナイスズメ、カケス、カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、ウグイス、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ノジコ、コサメビタキ、キビタキ、サンショウクイ、クロツグミ、ミソサザイ、ハシブトガラス

今回は、軽量化を主眼にカメラをPanasonic DMC-G2とRICHO CX-4、レンズは、100-300mmのズームレンズのPanasonic H-FS100300とNikonのフィールスコープにカーボンの三脚という組み合わせ。フィールドスコープ以外は全て手持ちの撮影という至っていい加減なものだ。3種のレンズで撮影したものを比較してみた。

110521_22

CX-4のズーム最大実質300mmで撮ったオオアカゲラ。居るというのが分かる程度だけれど、拡大すると何かくわえているのが分かる。

110521_23

DMC-G2にH-FS100300を着けて、オートフォーカスの実質600mmで撮影したオオアカゲラ。拡大すると、カミキリムシの幼虫をくわえているのが分かる。

110521_24

ほぼ同じ距離で、DMC-G2にNikon用のレンズアダプターを着けて、ニコンフィールドスコープを使って撮ったオオアカゲラ。実質の焦点距離が1600mm相当。フィールドスコープの口径が65mmだからF8相当になるので、被写界深度もある程度あって、きたきつねのように近視の老眼でピント合わせが苦手でも、記念写真になる程度は撮れるようだ。

なんといっても、マイクロフォーサーズは、焦点距離が2倍になるというのが、強みで普通の望遠レンズが超望遠になって、コンパクトデジタルカメラよりも、解像度がよく、シャッターのずれも少ないので、旅行などで荷物を減らしたいとか、使い様によっては意外といいのかもしれない。

28mmから600mmのズームレンズが3本ついて10万円程度でデジタル一眼レフが揃う。

お散歩カメラとしては、十分楽しめるのではないだろうか。

|

« 戸隠森林植物園散策 水芭蕉と片栗は満開 | トップページ | 強行軍も終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/51747185

この記事へのトラックバック一覧です: 気合いが入らないバードウォッチング:

« 戸隠森林植物園散策 水芭蕉と片栗は満開 | トップページ | 強行軍も終了 »