« 「空海と密教美術展」と「孫文と梅屋庄吉」 | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警 「ひばり」 »

2011/08/13

蝉時雨の中を里山散歩

110813_1

今日は七十二候の「蜩鳴く」。

相変わらず暑い。土曜日は恒例になった蝉時雨の中を里山散歩。夏の盛りのようだけれど、生き物たちはそろそろ次の季節に向かって準備をしているようだ。

大きなコガネグモが巣にかかったヒグラシを調理中。食べ応えがあるだろう。これだけ大きくなれたということは、えさの取り方も上手いのだろう。

110813_2

コガネグモの卵が上の方に二つ。

110813_3

シュレーゲルアオガエルが隠れているつもり。今年は大発生しているアカガエルの陰に隠れて目立たないが、奇麗なカエルだ。

110813_4

イチモンジセセリが葉の上に落ちた鳥の糞を一生懸命なめていた。尿酸をなめているのだろうか。

110813_5

雑木林の光のスポットの中にサトキマダラヒカゲが登場。

110813_6

羽化してそれほど時間の経っていないキタテハが、羽を閉じたり開いたり、飛ぶ準備なのだろうか。

鳥は少なめで、非常に静かだった。

|

« 「空海と密教美術展」と「孫文と梅屋庄吉」 | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警 「ひばり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/52467592

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉時雨の中を里山散歩:

« 「空海と密教美術展」と「孫文と梅屋庄吉」 | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警 「ひばり」 »