« ゲゲゲの鬼太郎の街 | トップページ | 今日の飛びもの 航空自衛隊のYS-11とアシアナのA320-200 »

2011/09/02

帰りも雲の中

110902_7

米子鬼太郎空港に戻って、帰りに乗るエアバス300-211の着陸を、雨の送迎デッキに出て撮影した。ちょうどブレーキをかけて水しぶきがあがった瞬間が撮れた。

JA203Aは、ANAが国内線で使っているA300-211の中では一番新しい機材だ。

他の機材がない時には、大きく見えるけれど、羽田などの大きな空港では、小さな飛行機だ。

110902_8

搭乗してエアコンが動き始めると、湿度が高いので、吹き出し口から白い霧が吹き出していた。東南アジアの国内線ではよく見ることのできる風景だけれど、国内では珍しいのではないだろうか。

110902_9

台風の影響で雲が厚いので、今回は地上の風景を撮影することはできなかった。上空なので判りにくいけれど、雲が筋状になっていた。多分雲の厚いところの下は雨なのだろう。

往路は、ランナウエー34R(16Lは使わなかった)から北に向かい所沢から琵琶湖を天橋立から米子に向かったけれど、復路はランナウエー25から離陸後、南東方向に向かって中部国際空港から海にでて、大島から、房総半島からB滑走路のランナウエー22から着陸した。

このコースだと、デズニーランドの横を低空で通過するので、デズニーランド、葛西臨海公園などがよく見える。

|

« ゲゲゲの鬼太郎の街 | トップページ | 今日の飛びもの 航空自衛隊のYS-11とアシアナのA320-200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/52632541

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りも雲の中:

« ゲゲゲの鬼太郎の街 | トップページ | 今日の飛びもの 航空自衛隊のYS-11とアシアナのA320-200 »