« 汗みずくで里山散歩 | トップページ | 一度口から出た言葉は消すことはできない »

2011/09/11

民主党政権発足以来7人目の大臣辞任

110910_8

今日は「知的障害者愛護デー」、「カラーテレビ放送記念日」。

鉢呂吉雄経済産業相が失言で就任十日足らずで辞任することになった。大臣になってうれしくなって、心にあることを正直に喋ったのだろう。大臣になる器にない人間が、大臣になるといけないことはあきらかだ。

子供でも、理性のある子は、公にはしないような、行動と発言だろう。このままだと国会運営に支障を来すことは明らかで、野田総理としても耐えられないと判断したのだろう。

2009年9月の民主党政権発足以来、不祥事や失言、政権運営を巡る対立などで閣僚が辞任したり罷免されたりするのは、鉢呂経済産業相で7人目と、人材不足なのだろうか。

鉢呂経済産業相は、先日台風12号の洪水の話題に書いた北海道新十津川町の出身で、大学の先輩になるけれど、大卒後地方農協に就職したというところを見ると、学園紛争のときに活躍したひとなのだろう。

|

« 汗みずくで里山散歩 | トップページ | 一度口から出た言葉は消すことはできない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/52697795

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権発足以来7人目の大臣辞任:

« 汗みずくで里山散歩 | トップページ | 一度口から出た言葉は消すことはできない »