« 米の出荷の手伝い | トップページ | 八戸で寿司とせんべい汁 »

2011/10/31

地底−160mへ

111031_1

今日は「ハロウィンの日」、「世界勤倹デー」、「日本茶の日」。

日の出が午前6時台になった。

早朝のはやてで八戸にでかけた。仕事の帰りに、石灰石の鉱山を見学することができた。この鉱山は、石灰石のとして珍しい、地下に掘り進む露天掘りということだ。現在は海抜-160mまで掘り進んでいるらしい。

111031_8

最深部まで降りることができた。斜面のこう配が緩いので、それほど圧迫感はない。

111031_3

小松の90トンダンプ、バックホー、バケットローダーなど巨大が機械が動き回っている。一日2万トンの石灰石を生産しているらしい。

111031_2

ホイールローダーの迫力。

111031_4

50トンと90トンのダンプカー。ちょっと見た目には、それほど大きい感じはしないが、タイヤの直径が人よりも大きい。

重ダンプには積載量380トンというものもあるらしい。

|

« 米の出荷の手伝い | トップページ | 八戸で寿司とせんべい汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/53140643

この記事へのトラックバック一覧です: 地底−160mへ:

« 米の出荷の手伝い | トップページ | 八戸で寿司とせんべい汁 »